インドネシアの不動産事情特集 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


インドネシアで不動産をお探しの方へ

インドネシアで不動産をお探しの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる不動産会社をご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

インドネシアで不動産するため知っておきたいポイント

インドネシアでの不動産探しについて

インドネシアに転勤・移住する日本人が必ず困るのが不動産探しです。インドネシアでは、日本と異なり、不動産に関する情報があまりオープンになっておらず、限られた時間の中で自分に合う物件を探すのは至難の業と言えます。

 

予算、家族構成、通勤、通学、買い物の利便性など、部屋探しで考慮しないといけないことはたくさんありますが、インドネシアが初めての方が一番気になるのが、各地域の特徴ではないでしょうか?

 

そこで、ジャカルタの居住エリアの特性やジャカルタでの商習慣、部屋探しで留意しないといけないポイントなど、ジャカルタで不動産探しをする日本人・日本企業に役立つ情報をご紹介させていただきます。



▲目次に戻る

インドネシアの居住エリアについて

ジャカルタで日本人が居住するエリアはある程度限られています。その中でも各エリアの特性を理解しご自分に合ったエリアをご選択されることがお部屋探しの第一歩となります。

 

タムリン・スディルマンエリア

ジャカルタの中心部であり最大のビジネス街です。以前はほとんどの日本人がジャカルタ郊外の住宅エリアに居住していました。しかし、近年激しさを増すジャカルタ市内の渋滞により通勤時間が年々長くなっているため、移動効率を考慮し、ビジネス街である当該エリアに居住する日本人が増えています。

自然が少なく日本人学校からも遠いため、お子様連れの方に適しているとは言えませんが、日本食レストランや日本の食材を扱うスーパーもあり、単身者やご夫婦でお住まいになる方には不自由なく暮らせるエリアです。

 

クニンガン・カサブランカエリア

ジャカルタの中心部から少し南東に位置するエリアです。日本人学校から遠く日本人向けの商業施設も多くはありませんが、高級ホテルや高級ショッピングモールが複数あるため日々の食事やお買い物に不便を感じることはありません。

また、高速道路へのアクセスが良く、ジャカルタの東にあるブカシ・チカラン・カラワン方面の工業団地に通勤しやすいエリアですので工業団地にお勤めの単身者やご夫婦には選択肢の一つとなるエリアです。

 

スナヤン・SCBDエリア

中心部から少し南西にあるエリアで、日本人や欧米人が多い高級商業エリアです。スディルマンに近接するエリアで、こちらも通勤の利便性は高いエリアですが、アパートの賃料はタムリン・スディルマンエリアよりも高めの設定となっております。

 

ブロックM・ガンダリアエリア

スディルマンエリアと日本人学校、どちらへも向かいやすいため、ご家族連れの日本人に人気のエリアとなっています。特にガンダリアエリアは近年日本人居住者が急増しており、それに伴い日本の食材を扱うスーパーマーケットや日本食レストランも続々とオープンし利便性が飛躍的に向上しています。

 

ポンドックインダエリア

南ジャカルタの閑静な高級住宅街です。日本人学校に近く自然も多い環境のため、お子様を帯同している駐在員に昔から人気のあるエリアです。渋滞のため通勤に時間がかかることはある程度覚悟しないといけませんが、前述の通り良好な住環境であるため依然として人気の高いエリアとなっています。

 

クマンエリア

南ジャカルタにある欧米人に人気のエリアです。多くの欧米人が居住しているため、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、バー、レストラン、ブティックなど様々なショップが立ち並ぶエリアとなっています。日本人学校からもさほど遠くないためお子様帯同の日本人が多く居住していますが、ジャカルタ中心部へはある程度時間のかかるエリアになります。

 

クラパガディンエリア

ジャカルタの北東部に位置するエリアです。日本人の多くが居住する南寄りのエリアからは離れており日本人居住者はやや少なめですが、タンジュンプリオク港やスンターの工業団地に日系企業が比較的多く存在しており、ジャカルタ南部からの通勤は非常に時間がかかるため、このエリアにお勤めの特に単身者には便利なエリアです。モール隣接型のアパートメントが多く、賃料はジャカルタ南部と比較してかなり安く設定されております。



▲目次に戻る

インドネシア不動産の種類と家賃相場について

アパートメント

日本におけるマンションに相当します。選択肢が多く最も人気の物件種別で、駐在員の8割以上はアパートメントに住んでいます。ほとんどの物件にプールやジム、コンビニなどが完備されており安全性と利便性に優れています。

サービスアパートメント

アパートメントに洗濯や掃除、朝食などのサービスが付いています。 同じクオリティの建物の場合、アパートメントより30%~40%程度賃料が高くなります。

タウンハウス

警備員が配備された区画内に建っている一戸建です。ペットを帯同する方にはこちらの物件が人気です。

一戸建て

一般に庭付きの住宅で、日本の戸建て住宅よりも敷地が広く、建物面積も大きく作られていますが、セキュリティ面に不安があるため社員の一戸建てでの居住を禁止している企業も多く、日本人駐在員で一戸建てに住んでいる方はほとんど居ません。

 

※補足

ジャカルタでのアパートメントの賃料に関して、日本人が居住しているエリアではエリアごとの傾向はあまりなく、同一エリア内でも建物のグレード等によってかなりの差があります。1ベッドルームでUSD600~3,800/月、2ベッドルームでUSD800~4,500/月、3ベッドルームはUSD1,000~6,000/月が一般的な相場となります。



▲目次に戻る

インドネシアの不動産契約についての注意点

アパートメントの多くは契約期間が1年以上となっております。オーナーは長い契約期間を好む傾向があり、1年契約より2年契約の方が家賃が安いケースがよくあります。サービスアパートメントは週単位や月単位での契約が可能です。

家賃の支払い

日本での家賃の支払いは1ヵ月ごとの支払いが一般的ですが、インドネシアでは契約期間の家賃全額を一括で前払いするのが一般的です。

途中解約

基本的には途中解約が認められません。やむを得ず途中で契約を終了する場合は、残り期間分の賃料は返却されません。

その他

入居の際に日本での敷金に該当するセキュリティデポジットを貸主に預けますが、基本的には退去時に返金されます。返金される金額の比率は日本よりも高く、故意や過失で破損した箇所が無ければ全額返金されることもよくあります。一般的に通常使用による汚損などは修復を求められない傾向が強いです。更新時には貸主側に特段の事情などが無くても貸主側から更新を拒否できます。



▲目次に戻る

インドネシアで生活するためのポイント

インターネット

ジャカルタのアパートメントの多くは予め利用できる回線業者が決まっており、回線速度や料金にかなりの差があるため注意が必要です。

飲料水とガス

ジャカルタの水道水は飲用に適していないためキッチンにウォーターサーバーが設置されています。ウォーターサーバーの水が無くなったら入居者自身で注文する必要があります。ガスもジャカルタでは都市ガスが整備されていませんので、コンロの下にプロパンガスのタンクが設置されています。ガスも水と同じく入居者自身で注文する必要があります。

メイド

ジャカルタでは日本人家庭でも多くの方がメイドを雇っています。メイドには住み込みと通いの2種類がありますが、日本人の多くは通いのメイドに週2回ないし3回来てもらって掃除、洗濯、アイロン掛けなどの家事を代行してもらっています。メイドの給料は家の広さにもよりますが、週3回で8,000円から15,000円程度です。

その他

ジャカルタに住む多くの日本人はスリや引ったくりなどの軽犯罪に巻き込まれないようにするため、バスや電車などの公共交通機関を利用せず、移動手段として会社から支給された運転手付の車かタクシーを利用しています。ほとんどのアパートメントでは、家賃に1台分の駐車場料金が含まれています。

▲目次に戻る

インドネシアの不動産一覧

インドネシアの不動産の一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

  • ジャカルタ不動産メゾンマップ

    ジャカルタで安心できるアパート探しをサポート
    弊社はジャカルタで一番歴史のある日系の不動産会社となり、駐在員様向け賃貸物件の年間成約件数は350件以上を取り扱っております。長年ジャカルタに拠点を構えている強みを活かし、地元密着で豊富な物件数を確保しているのが強みです。また、住居だけでなく、工場、土地、倉庫、オフィスなどの商業用物件もご紹介しております。サービス業としての自覚を持ち、「物件を紹介して終わり」ではなく、メイドさん手配などの生活サポートまでお手伝いさせて頂きます。赴任される駐在員様、そのご家族のインドネシア生活を安心してスタート頂けるようサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
    対応言語日本語・英語・インドネシア語 従業員数日本人3名 / インドネシア人35名
    対応エリアジャカルタ&インドネシア全土 オフィス立地ブロックMエリア
    住所Jl. Melawai 9, No. 4-5, Blok M, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan 12160
    取り扱い内容賃貸物件、投資物件、オフィス、工場、倉庫、土地、サービスオフィス

  • ライフルメディアインドネシア

    ジャカルタの住宅・オフィス・工場用地探しを、東証一部上場子会社がワンストップサポート
    弊社ライフルメディアインドネシアは、株式会社ネクスト(東証一部上場)のインドネシア現地子会社です。インドネシアではジャカルタを中心に、住宅・オフィス・工場用地探しからそのアフターフォローまで、ワンストップで不動産に関するサポートをご提供しております。日本人含め10名以上の日本語対応可能なスタッフ在籍しており、「スピード」と「正確性」のある日本クオリティのサポートを提供しております。インドネシア不動産に関するトラブルに対しても万全の体制を整えております。
    対応言語日本語・英語・インドネシア語 従業員数36名
    対応エリアジャカルタ・ブカシ・チカラン オフィス立地スディルマン駅 徒歩10分
    住所Gedung CHUBB SQUARE, Thamrin Nine Podium Lantai Mezzanine, Unit no. M/B Jalan M.H. Thamrin No. 10 Jakarta, 10230
    取り扱い内容不動産賃貸・不動産売買

  • 紅樹インドネシア

    ジャカルタでの住居探しから入居後まで日本語でトータルサポート!
    紅樹株式会社は、インドネシア・ジャカルタにおける不動産仲介のプロフェッショナル集団です。日本人向けアパート賃貸物件の情報を多く抱え、現地をよく知る選任のスタッフと経験豊富な日本人スタッフの強力なタッグで、お客様をサポートします。お客様のリクエストに基づいた不動産物件リストの作成、日本人セールスの丁寧なご案内、物件オーナーとの細かな交渉、入居前のお部屋のチェック、スタッフ立会いによる安心頂けるご入居、入居後の責任あるアフターフォロー。これらの一つひとつの過程を通してお客様の信頼を徐々に積み上げていきながら、ジャカルタでの快適・安心な暮らしのお手伝いをさせてください!
    対応言語日本語・英語 従業員数-
    対応エリアジャカルタ全域 オフィス立地ジャカルタ
    住所Corner 92 Building 2nd Floor, Melawai IX No.04, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan
    取り扱い内容賃貸物件・売買物件・オフィス物件・店舗物件

インドネシアの不動産の専門家一覧

ジャカルタ不動産メゾンマップ / PT. Takeya Consulting

インドネシアのプロフェッショナル
代表者:竹谷 恵美
LOGO_TAKEYA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【ジャカルタ(インドネシア) / 不動産・オフィス】
賃貸アパートメント、オフィス、工場の仲介など、ジャカルタ不動産に関わるあらゆるサービスを提供

ジャカルタ不動産メゾンマップでは、「駐在員の快適なジャカルタ生活を応援する」をモットーに、2000年から13年間に渡り、賃貸アパートの仲介業を展開しております。ご要望に適した物件の選定&紹介はもちろんのこと、「インターネットテレビの設置・メイドさんの…続きを読む


ページ上部へ

ライフルメディアインドネシア / PT. Lifull Media Indonesia

インドネシアのプロフェッショナル
代表者:加藤 年紀
Lifull_media_logo
【インドネシア/不動産、オフィス】ジャカルタの住宅・オフィス・工場用地探しを、東証一部上場子会社がワンストップサポート

弊社ライフルメディアインドネシア / PT. Lifull Media Indonesiaは、株式会社ネクスト(東証一部上場)のインドネシア現地子会社です。インドネシアではジャカルタを中心に、住宅・オフィス・工場用地探しからそのアフターフォローまで、…続きを読む


ページ上部へ

インドネシアの不動産の専門家 東京不動産,PT. Tokio Properti Servis Jakarta…続きを読む


ページ上部へ

インドネシアのカ進出支援の専門家 PT. Corfina Mitrakreasi,コルフィナ ミトラクラシィ…続きを読む


ページ上部へ

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ