香港の就労ビザ申請について | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


香港で就労ビザの申請・取得をお考えの方へ

香港で就労ビザの取得・申請をお考えの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家をご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

香港で就労ビザを申請・取得するために知っておきたいポイント

香港で申請できる就労ビザの種類

香港で就労可能な主なビザは下記になります。

・就労ビザ General Employment Policy (GEP)
・自営業ビザ Investment as Entrepreneurs
・投資家ビザ Capital Investment Entrant Scheme (CIES)
・配偶者ビザ Dependent Visa

下記のようなビザもございますが、日本人があまり対象にならないビザです。

・ワーキングホリデービザ Working Holiday Visa
・中国人を対象とした専門ビザ Admission Scheme for Mainland Talents and Professionals (ASMTP)
・家政婦ビザ Foreign Domestic Helpers

※その他のビザについては直接専門家にご相談ください。

 

上記の中で、香港進出の際に日本人が取得する主なビザは、就労ビザ、自営業ビザの2種類となります。

ビザの種類

申請条件

配偶者ビザの条件

配偶者ビザの就労

就労ビザ

大卒以上または専門スキル

条件なし

可能

自営業ビザ

大卒以上または専門スキル

条件なし

可能

 

それぞれのビザの特徴は下記のとおりです。

▼就労ビザ

就労ビザまたはワークパミットと呼ばれるビザで、香港で就労する場合、通常取得するビザです。このビザについては、発給される数量及び業種については制限(Quota)がありません。そのため、申請香港人で対応ができない専門スキル、経験、専門知識を持っている人材であることを入国管理局 (Immigration Deaprtment)に説明し、認められれば取得できます。

学歴に関しては、大学卒業以上必要と言われていますが、就業する業務に関して十分なスキル、経験があれば大学卒業の学歴がなくても取得可能です。また、香港資本企業で企業規模が大きい会社や、香港以外の会社で企業活動の明確な実績があれば比較的取得は可能です。

就労ビザ発給対象者は対企業ではなく、申請者個人に発給されますそのため、ビザの有効期限前に転職を行なった場合、「雇用者変更申請」を行い新規取得は不要です。(香港滞在に関しては、ビザ有効期限まで滞在可能。)

 

▼自営業ビザ

香港で起業する人を対象としたビザになります。

申請に関しては、明確な「起業計画」及び「売上計画」を提出し、香港経済にどれだけ貢献できるかを入国管理局に説明する必要があります。

 

▼投資家ビザ

2015年1月15日以降発給を中止しているため、現在取得は出来なくなっています。

 

▼配偶者ビザ

就労ビザ及び自営業ビザ取得者の配偶者及び18歳以下の子女に対して申請可能なビザです。香港の配偶者ビザは就労の制限がないため、ビザ発給後即日就労が可能です。

配偶者ビザの身元保証人は就労ビザ取得者になるため、有効期限は就労ビザ取得者と同じになります。

失敗の許されないビザ申請です。念には念を入れた専門家への確認などをすることをお勧めします。


▲目次に戻る

香港で就労ビザを申請・取得するためのステップ

就労ビザに関しては、申請者が就業する企業側が申請する必要があります。流れは下記のとおりです。

1.申請書類の記入及び提出
2.香港居住証(香港ID)の申請(ビザ取得後対応)

ビザとは別で、香港に180日以上連続して滞在する人は「香港居住証(香港ID)」の取得、携帯が法律によって義務付けられております。

居住証については、病院での治療、公共料金関係、銀行での手続き等に必ず必要です。

▲目次に戻る

香港で就労ビザを申請・取得するために必要な書類・準備

就労ビザに必要となるものは、下記の通りです。

・申請書(ビザ申請者用:ID 990A) (企業側記入用:ID 990B)
・パスポートのコピー及び香港居民証(延長、雇用主変更の場合。)
・学歴証明書のコピー
・雇用契約書

申請者の状況や、申請をする会社の状況によってより多くの書類などを提出した方が良い場合などもあります。

例えば
・公的資格の証明書
・法人・個人などからの推薦状
・成績証明書
・職務経歴書

など、多くの場合にはビザの発行をより確実にするために必要となる場合もあり、所属する企業や個々人の学歴・専門スキルの強さなどによって安全には安全を重ねて申請をする場合もあります。

自営業者ビザに必要となるものは、下記の通りです。

・申請書(ビザ申請者用:ID 990A) (企業側記入用:ID 990B)
・パスポートのコピー及び香港居民証(延長、雇用主変更の場合。)
・財務状態を証明する書類。(例:残高証明書、年次会計書類、納税証明書
・今後2年間のビジネスモデル(売上計画。見込となる顧客リスト。従業員の雇用計画。)
・営業許可書
・日本もしくは居住権を持っている国の居住証明書
・身元保証人の企業及び個人
※個人の場合は、18歳以上の香港国籍取得者及び香港永住権取得者で、申請者と強いつながりを持っていること。(企業が保証人の場合:ID 999B 及び営業許可書)(個人が保証人の場合 ID 999B 及び香港居民証)

ビザ申請に関しては、通常4~6週間必要になります。ビザ取得前の就業及び関連する全ての業務はたとえ無報酬でも「不法就労」になります。

ビザの取得には時間に余裕を持って対応されることをお勧めいたします。

入国管理局に提出する雇用契約書の就業開始日については、「就業ビザ取得後改めて就業開始日を雇用主が決定する。」と明記することが必要になります。

▲目次に戻る

香港就労ビザの専門家に一括でお問い合わせ

香港✕就労ビザの専門家の中からチェックを入れた専門家、
もしくは全ての専門家に一括でお問い合わせすることができます。

  • この専門家に問い合わせ

    TM総合会計事務所

    ベンチャー企業の進出支援を得意とする会計事務所。現地法人設立・ビザ申請・国際税務問題まで対応可能。

  • この専門家に問い合わせ

    ターゲットコンサルティング

    会社設立からビザ申請、さらには銀行口座開設まで一貫してサポート。その後の税務会計なども支援しています。

  • この専門家に問い合わせ

    香港会計事務所CWCC

    香港の準大手会計事務所のジャパンデスクが、ビザ申請も安心のサポートをいたします。

  • この専門家に問い合わせ

    NAC HR (Asia) Limited

    香港の就労ビザ、投資ビザなどの取得代行、ビザ発給の可能性についての相談も行っております。

  • この専門家に問い合わせ

    T & Morris Visa+ Consulting

    創業24年の香港ビザ取得のパイオニア。難易度の高いビザ取得案件にも多くの実績がございます。

  • この専門家に問い合わせ

    香港BS

    香港への進出支援を幅広くサポートしております。ビザ取得のご支援までお任せください。

香港の就労ビザの専門家一覧

TM総合会計事務所 / TMS Shanghai Co.,Ltd

中国, 香港のプロフェッショナル
代表者:豊島 絵(かい)
0_logo_eng
TMS_01
【香港・上海 / 会計事務所】
ベンチャー企業様を中心に、香港会社設立や中国事業展開に必要なあらゆるサービスをワンストップで提供

私たちTM総合会計事務所 (TMS Shanghai Co.,Ltd) は2007年の設立以来、ベンチャー企業を中心に、日本企業様の香港/中国進出を包括的(進出前~会社設立~進出後 / 会計税務)にサポートしております。 中国は外資規制が厳しい…続きを読む


ページ上部へ

香港会計事務所CWCCジャパンデスク

中国, 香港のプロフェッショナル
代表者:加藤 かおり
cwcc_00
cwcc_profile
【香港・中国 / 会計税務】
ローカル会計事務所だからこそできる成功するための会計税務サポート

香港会計事務所CWCCジャパンデスクは香港・中国において日本企業様を、会社設立から進出後の記帳、法定監査、税務アドバイス、さらにはビジネスコンサルティングまで、きめ細かくサポートをさせて頂いております。弊所は香港で創業した会計事務所で、1994年には…続きを読む


ページ上部へ

ターゲットコンサルティンググループ / Target Consulting Group

中国, 香港のプロフェッショナル
代表者:中野 綾子
target logo
Target_01
【香港・中国 / 会社設立・会計税務】
日本語による会計税務サービス業界の最安値を目指して、コストパフォーマンスの高い中国進出サービスを提供

弊社ターゲットコンサルティンググループは、香港と中国の専門家サポートチームにより、会社設立~設立後の会計税務・監査など、幅広い専門サービスを提供しております。 標準化された専門知識やサービスを提供することで、顧客の問題解決・ビジネス目標の達成・…続きを読む


ページ上部へ

NAC HR (Asia) Limited

香港のプロフェッショナル
代表者:関根 慎介
NAC KINGSWAY Logo
【香港 / ビザ申請】香港での給与計算代行、ビザ取得代行、労務関連サポート

弊社NAC HR (Asia)は、1999年創業の国際会計グループNAC Global Co., Limitedと、1990年創業の総合人材サービスKingsway Personnel Ltd.の経営統合により2013年7月に設立されました。 …続きを読む


ページ上部へ

T & Morris Visa+ Consulting Ltd.

香港のプロフェッショナル
代表者:服部 孝吉
tandmorris_logo
【香港 / ビザ申請】創業24年の実績を誇る香港ビザ取得代行の老舗。香港進出のためのサービスをワンストップで提供します。

弊社T & Morris Visa+ Consulting Ltd.は、創業24年を迎える香港ビザ申請エージェントです。日系企業向けビザ申請エージェントのパイオニアとして、規模・業種を問わずあらゆるビザ申請の代行を手掛けてきました。 昨今、厳し…続きを読む


ページ上部へ

香港BS / HK Business Solution Limited

香港のプロフェッショナル
代表者:鴫谷 賢二
hkbusiness_logo
【香港 / 進出支援】香港への進出支援を幅広くサポート。飲食店進出の実績多数。

香港BSは、「日本品質のサービスをローカル価格で提供する」という理念のもと、各分野に精通した日本人スタッフ4名と香港人1名がお客様にとって最適な香港進出を提案・サポートします。 日本人スタッフの香港在住歴は平均10年であり、香港の最新情報を常に…続きを読む


ページ上部へ

ウィンゲートビジネス / Wingate Business Group Limited

香港のプロフェッショナル
代表者:新井 美也子 ・ 柴田 康紀
wingate_logo
【香港 / レンタルオフィス】
起業から円滑な運営まで、日本企業の香港進出をトータルサポート!

ウィンゲートビジネスは皆さまのビジネスをサポートするために2000年に設立されました。融通の利くワンストップサービスによって,ビジネススタート時の費用を抑え、管理業務にかかる時間を減らし、皆さまのビジネス拡大に注力する助けになることを願っています。 …続きを読む


ページ上部へ

衆一発展(香港)有限公司

代表者:梅山 勲 
衆一発展(香港)有限公司

香港の会社設立の専門家 衆一発展(香港)有限公司…続きを読む


ページ上部へ

香港の会社設立の専門家 Ringobako co. Limited/蘋果箱有限公司(香港法人)…続きを読む


ページ上部へ

NAC Global Co., Ltd

代表者:中小田 聖一
NAC Global Co., Ltd

香港の会計事務所 NAC Global Co., Ltd…続きを読む


ページ上部へ

香港の会計事務所 Tokyo Consulting Firm (Hong Kong) Limited…続きを読む


ページ上部へ

香港のM&A専門家 Oriental Resources Investments Ltd.…続きを読む


ページ上部へ

香港の会計事務所 啓源公認会計士事務所…続きを読む


ページ上部へ

Mizuno Consultancy Holdings Limited

代表者:水野真澄
Mizuno Consultancy Holdings Limited

香港会社設立の専門家 Mizuno Consultancy Holdings Limited…続きを読む


ページ上部へ

香港会社設立の専門家 HK BUSINESS SOLUTION LIMITED…続きを読む


ページ上部へ

J-TECH Consulting Limited

代表者:廣瀬 忠則
J-TECH Consulting Limited

香港会社設立の専門家 J-TECH Consulting Limited…続きを読む


ページ上部へ

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク