香港の人材紹介会社まとめ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


香港で人材紹介をお考えの方へ

香港で人材紹介をお考えの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家をご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

香港で人材紹介するために知っておきたいポイント

香港での人材を採用するにあたって

香港現地での人材雇用を行う場合、香港での雇用に関する最低限の知識が必要になります。香港の雇用条例は、労働者に大変有利に作られており、労働者を守るための条例となっております。そのため訴訟問題に発展することも珍しくありません。全く初めての採用の場合などには現地人材紹介会社を利用して候補者を集めるのと同時に、雇用契約までサポートをしてもらう方がリスクを低減できます。

本稿では、現地採用を推し進めていこうとしている貴社において注意すべきポイントを3つに分けて解説します。

1.香港の雇用条例について
2.その他の雇用に関する条例について
3.押さえておくべきポイント

 

▲目次に戻る

人材紹介会社によってどんな違いがあるか?

人材紹介会社には、それぞれ特色や得意分野があります。御社に合った紹介会社を探す上で参考にしていただければ嬉しいです。

1:登録型かサーチ型か
登録型が一般的な人材紹介のスタイルです。相談や人材のスクリーニングは無料、採用決定もしくは、求職者の就業がスタートした時に課金となり、1~3か月の保証期間(再紹介または、返金)が設けられている場合が多いです。費用は年収の10~30%程度となります。会社によっては、ビザ申請代行、サポートまでサービスに含まれています。 一方、サーチ型とは、いわゆるヘッドハンティング型の採用方法もあります。一般的にマネージャークラス以上の方を探す場合に効果的と言われています。人材紹介会社によっては、両サービス行っている場合もあります。気になる方は、問い合わせてみてください。

2:全業界対象か専門特化型か?
全業界対象か専門業界に特化しているかについても、人材紹介会社を選ぶポイントのひとつです。各企業の特徴を確認した上で自社に合った紹介会社を選ぶことをお勧めします。

3:営業担当者の重要性
会社による違いだけでなく、担当者がどれだけ熱心に動いてくれるかも重要なポイントになります。担当者が求人内容を正しく理解し、案件の特徴や魅力を求職者に届けなければ、多くの求人情報の中に埋もれてしまいます。担当者によって、採用できる人材の質が変わることも少なくありません。良い営業担当者と巡り合うために、複数の人材紹介会社へ相談してみてもいいかもしれません。

▲目次に戻る

香港の雇用条例について

▼1.香港の雇用条例

雇用契約

継続的雇用とは、フルタイム、パートタイム、アルバイトを問わず「4週間以上の間雇用契約に基づいて雇用されている場合」、かつ「週に18時間以上就労している場合」をいいます。

雇用契約の期間について

継続的契約であるすべての雇用契約は、合意がない限り、月々の更新からなる1ヶ月契約であるとみなされます ※書面である必要はない(口頭による合意でも可)

期間建て雇用契約について

期間建ての雇用契約に基づいて労働者が雇用されており、同一契約に基づき更新されることなく契約期間が満了した場合、使用者によって解雇されたとみなされる  ※こちらは一般的な雇用形態ではありません

 

▼2.賃金&報酬について

賃金の定義

名称および計算方法の如何を問わず、金銭に換算できるもの、または、すべての報酬・所得・手当・チップ及びサービス料をいう」
※住居・食事などの現物支給、ダブルペイや、賃金の20%を超えない時間外労働手当は賃金に含まれない

賃金の支払い

香港の賃金算定期間は、基本的に1ヶ月間で算定されます。賃金算定期間の満了時が支払期限となり、雇用側は支払期限から7日以内に賃金を支払わなければいけません。
※末締めの場合翌月7日が支払期限となる

年末手当(ダブルペイ)

年末手当とは、契約上の年次賞与のことです。ただし、臨時的に支払われる慰労性の賞与などは該当しません。年末手当の支払いタイミングは、雇用契約において規定がなければ、旧暦の年末になります。金額についても、雇用契約で規定することが可能ですが、規定がなければ一月分の給与に相当する金額を支払う必要があります。

 

▼3.休日について

休息日

一定の雇用者に継続的に雇用されている場合、雇用主側は7日ごとに最低1日の休暇を付与する必要があります。

法定休日

次の祝日は、法定定休日として定められています。
1月1日、旧正月元日、旧正月2日目、旧正月3日目、清明節、労働節、端午節、香港特別行政区設立記念日、中秋節の翌日、国慶節、重陽節、冬至或はクリスマス

年次有給休暇

雇用主は12ヶ月毎に有給休暇を与える必要があります。

傷病手当と傷病休暇

傷病手当は雇用条例で規定されている労働者の法定権利の一つです。一方で、傷病休暇は会社の裁量による福利厚生としての制度です。

産前産後休暇

産前産後休暇とは連続する10週間で、出産予定日の翌日から出産日まで(出産日を含む)の日数に相当する追加期間、妊娠または出産に起因する疾病または就労不能を理由とする4週間を超えない追加期間が含まれます。

産前産後休暇の労働者義務

産前産後休暇を取得する予定の女性従業員は、休暇取得前雇用主に対して、妊娠の事実、産前産後休暇を取得する旨を通知しておく必要があります。

 

▼4.雇用契約の解除について

予告による契約解除

雇用契約を締結した雇用主・被雇用者のいづれも、あらかじめ相手方に口頭あるいは書面で契約解除を予告することにより、いつでも契約解除することが可能です。

予告手当による契約解除

適切な雇用契約解除予告がなかったとしても、その分の予告手当を支払えば、いつでも雇用契約を解除することが可能です。予告期間は、1ヶ月前と規定されています。ただし、試用期間の場合は、雇用開始後1ヶ月以内であれば即日解雇が可能で、残り1ヶ月目以降~試用期間内の場合は7日前の通知が義務付けられます。

懲戒解雇

命令に故意に従わない、不適切な行為、詐欺行為、不正行為、常習的な職務怠慢などが該当する場合、予告または予告手当なしに雇用契約を解除することができます。

推定解雇

給与削減、勤務地変更などにより、被雇用者が納得しないせずに自己都合退社した際、法的には使用者に解雇されたとみなされることがあります。

【雇用契約解除時の支払い項目】

・ 解雇補償金(Severance Payment)
「労働者が24か月以上の期間、継続的契約に基づき雇用されている、かつ、余剰人員整理 を理由に使用者により解雇された場合、使用者は労働者に対して解雇補償金を支払う義務 を有する」

長期服務金(Long Service Payment)
「労働者が継続的契約に基づいて雇用されており、就業年数が5年以上の場合、かつ、解雇されたが、使用者に解雇補償金を支払う義務がない場合、使用者は長期服務金を労働者に対して支払う義務を有する」
※勤続年数が2年以上5年未満の労働者を余剰人員整理以外の理由で解雇する場合は解雇理由の明示が必要となる。

 

▲目次に戻る

その他の雇用に関する条例について

▼5.差別条例

性的差別条例

香港では、性別・婚姻状況・妊娠を理由にした差別、犠牲化による差別、およびセクハラなどの行為を禁止しています。

障碍者差別条例

香港では、障害を理由とする差別、犠牲化による差別、および障碍者に対する嫌がらせなどの行為を排除しています。

人種差別条例

人種を理由とする差別、犠牲化による差別、および人種的嫌がらせ等の行為を禁止しています。

※香港では、差別に対する調査権及び執行権を持つ組織として機会均等委員会(EOC)が設立されています。EOCは被害者が訴えからあった場合に調査や調停を行いますが、状況によっては被害者に裁判所に訴えを起こすよう進めることもあります。なお、朝廷や最低の結果加害者には慰謝料の支払いが要求されることがあります。

 

▼6.強制積立金制度

2000年、香港政府は使用者と労働者が積立対象収入の5%を月々信託会社に積み立てることを強制化・法制化しました。積立金は積立開始と同時に使用者の資産から切り離され、労働者の個人資産となります。通常は65歳まで支給されることはありません。労働者が他の会社に移った場合、積立金を次の雇用先が契約している信託会社に移管できます。

【ポイント】
・積立対象収入には手当、ダブルペイ、ボーナス、コミッションなども含まれる
・月間積立対象収入7,100HK$未満の場合、本人積立の5%は除外
・月間の積立対象収入が30,000HK$以上の場合、上限は30,000HK$までとなる
・使用者が正当な理由なく積立を行わず有罪となった場合
 最高で罰金450,000HK$及び4年の拘禁刑が使用者に申し渡される

※MPF加入除外対象者
18歳未満の労働者、65歳以上の労働者、雇用期間60日未満の労働者、自社株を所有している経営者で会社との雇用関係が存在していない者、発給された労働ビザの有効期間が13か月未満の外国人労働者、任意退職積立金制度(ORSO制度)の加入者、一部の公務員・教師など、すでに公務員法に基づく年金積立制度に加入している者、個人で雇用している家庭のメイド(ヘルパー)

 

▲目次に戻る

抑えておくべきポイント

香港での雇用について、まず被雇用者を守ることが前提となっていることを認識しておく重要でしょう。訴訟になることも多いため、解雇や降格人事、賃金ダウンなど被雇用者にとって不利になる対応については程度に応じてほぼ罰金を科せらてしまいます。ただ金銭での解決が比較的容易にできるため、数字上のリスク許容範囲を決めたうえでの対応ができれば大きなトラブルにはならないことが多いでしょう。

もう一点抑えておくべき制度に「418制度」があります。これは前述した「継続的雇用」に該当する内容であり、例えパートタイムであっても一度4週間連続で18時間以上勤務させたものに関しては社員同様の有給休暇や法定休暇手当を与える必要がある。この点を誤って対応し有給休暇の未払いなどを起こすケースが多いため特に休みが不定期な飲食業などにおいては注意が必要です。

▲目次に戻る

香港での給与水準(月給)とは?

各職種レベル別の給与について表にまとめました。参考にしていただければ幸いです。

職種 タイトル 経験年数 Min
(HKD)
Max
(HKD)
平均
営業系  営業担当 0-3 13,000  22,000  17,500 
 営業マネージャー Over 7 -  -  Over 30,000 
マーチャンダイザー  マーチャンダイザー 0-5 16,000  25,000  20,500 
 シニアマーチャンダイザー Over 5 24,000  30,000  2,7000 
バックオフィス  営業アシスタント 0-3 12,000  18,000  15,000 
 人事総務担当 0-5 15,000  20,000  17,500 
 秘書 0-5 17,000  25,000  21,000 
 経理マネージャー Over 10 35,000  55,000  45,000 
 人事総務マネージャー Over 10 -  -  Over 35,000 
IT  ヘルプデスク、エンジニア 0-3 17,000  24,000  20,500 
 プロジェクトマネージャー Over 10 -  -  Over 45,000 
※1HKD=14.50JPY(2017年5月4日現在)

情報提供:Kingsway Personnel Ltd.

▲目次に戻る

香港の人材紹介会社一覧

香港の人材紹介の一覧です。
チェックを入れた人材紹介会社に一括お問い合わせすることが出来ます

  • リクルート・グローバル・ファミリー・香港

    香港展開に必要なグローバル人材採用支援
    RGFは、日本最大の人材総合サービス「リクルート」のグローバルブランドです。その香港法人として、香港での現地採用やグローバル人材採用をご支援しております。日本での実績とアジアナンバーワンの圧倒的な人材データベースで経営幹部からスタッフや新卒社員の採用に至るまで様々な採用・人材のニーズにお応えする体制を整えております。
    紹介人材国籍現地日本語人材、現地在住日本人、グローバル人材 日本拠点東京
    得意な業種全業種に対応可能 従業員数-
    得意な職種全職種に対応 オフィス立地湾仔駅 徒歩7分
    住所Unit 2206, 22/F, Wu Chung House, 213 Queen’s Road East, Wan Chai, Hong Kong

  • JACリクルートメント・香港

    香港での「現地化」に必要なマネジメント層をご紹介
    JAC香港は、香港全域と一部中国華南地区で人材紹介を行っております。あらゆる人材ニーズにお応えしておりますが、なかでも即戦力となるマネジメント層の紹介に強みを持ち、日本企業様の「現地化」を採用・人事面からご支援することを得意としております。現地顧客向けビジネスを展開するにあたり、駐在員ポジションを任せられる中核人材の採用や、人事考課に関するアドバイスなど幅広くサポートさせていただきます。
    紹介人材国籍全国籍 日本拠点東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸
    得意な業種全業界 従業員数40名
    得意な職種全職種(特にマネジメント層) オフィス立地セントラル駅 徒歩5分
    住所12/F., Asia Pacific Centre, 8 Wyndham Street, Central, Hong Kong

  • Kingsway Personnel Limited.

    香港創業26年、現地採用をトータルサポート!
    1990年設立以来、香港・中国華南地区において日系企業様を中心に実績を重ねてまいりました。2013年7月、国際会計グループNAC Global Co., Ltd.(NAC Global)との経営統合により、労務関連、給与計算代行、ビザ取得代行サービスに対応したNAC HR (Asia) Ltd.を新設。今後は、アジア全域で、通常の人材紹介はもちろんのこと、会計・財務系の人材紹介・派遣、エグゼクティブサーチサービスのサポートも可能となります。
    紹介人材国籍香港人、日本人、他国籍問わず 日本拠点-
    得意な業種金融、製造、貿易、物流、IT、サービスなど 従業員数17名
    得意な職種管理系(会計、総務など)、営業職を中心に全職種に対応 オフィス立地香港島コーズウェイベイ地下鉄駅直結
    住所Unit 1606, 16/F., Causeway Bay Plaza 1, 489 Hennessy Road, Causeway Bay, Hong Kong

香港の人材紹介会社一覧

リクルート・グローバル・ファミリー・香港 / RGF HR Agent Hong Kong Limited

アジア全域のプロフェッショナル
代表者:髙山 典久
Brandlogo_Color_72
【香港 (アジア全域) / 人材紹介】日本最大の総合人材サービス「リクルート」の海外人材紹介事業ブランドとして、グローバル人材サービスを提供

リクルート・グローバル・ファミリー(RGF)は、日本最大の人材総合サービス「リクルート(RECRUIT)」の海外人材紹介事業ブランドです。アジアでナンバーワンの拠点数と圧倒的な人材データベースを保有し、アジア各地での現地採用や日本でのグローバル人材採…続きを読む


ページ上部へ

JACリクルートメント・香港 / JAC Recruitment Hong Kong

香港のプロフェッショナル
代表者:蓮子 哲也
会社ロゴ
【香港 /人材紹介】香港での「現地化」を人材・人事面からトータルサポート

JACリクルートメントは1975年にイギリスで設立し、現在では10カ国26拠点を構え、1,000名以上のコンサルタントを擁する人材紹介会社です。設立以来40年の実績のなかで、グローバルかつ専門性の高い人材のご紹介を強みに、業界をリードするリクルートメ…続きを読む


ページ上部へ

Kingsway Personnel Limited

中国, 香港, 海外/世界全域のプロフェッショナル
代表者:関根 慎介
NAC KINGSWAY Logo
【香港 / 人材紹介】香港創業26年、現地採用のトータルサポート!

弊社キングスウェイ・パーソネルは、1990年香港で設立以来、香港・中国華南地区において日系企業様を中心に数多くの実績を重ねてまいりました。ご要望、現状の問題点などをヒアリングし、人事担当者に代わって一連の採用プロセスを代行いたします。 2013…続きを読む


ページ上部へ

香港BS / HK Business Solution Limited

香港のプロフェッショナル
代表者:鴫谷 賢二
hkbusiness_logo
【香港 / 進出支援】香港への進出支援を幅広くサポート。飲食店進出の実績多数。

香港BSは、「日本品質のサービスをローカル価格で提供する」という理念のもと、各分野に精通した日本人スタッフ4名と香港人1名がお客様にとって最適な香港進出を提案・サポートします。 日本人スタッフの香港在住歴は平均10年であり、香港の最新情報を常に…続きを読む


ページ上部へ

香港の会計事務所 Tokyo Consulting Firm (Hong Kong) Limited…続きを読む


ページ上部へ

香港の会計事務所 Koehler Group …続きを読む


ページ上部へ

Intelligence SMC Consulting Ltd.

代表者:飯泉雅明
Intelligence SMC Consulting Ltd.

香港の人材紹介会社 Intelligence SMC Consulting Ltd.…続きを読む


ページ上部へ

香港の人材紹介会社 JAC Recruitment Hong Kong Co., Limited…続きを読む


ページ上部へ

香港の人材紹介の専門家 香港ワークス / キャリアインテグレーション…続きを読む


ページ上部へ

EQ Partners (Hong Kong)

代表者:安部 哲也
EQ Partners (Hong Kong)

香港の人材育成の専門家 EQ Partners (Hong Kong)…続きを読む


ページ上部へ

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク