香港レンタルオフィス/バーチャルオフィスの特集ページ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


香港でレンタルオフィス/バーチャルオフィスをお探しの方へ

香港でのレンタルオフィス/バーチャルオフィスをお探しの方に、知っておくべきポイントとおすすめのレンタルオフィス/バーチャルオフィスをご紹介する特集ページです。

▼香港でレンタルオフィス/バーチャルオフィスを探すために知っておきたいポイント

香港における主なレンタルオフィスの形態

香港の主要ビジネスエリアについて

香港でレンタルオフィスを活用するメリット

▼香港でのレンタルオフィス/バーチャルオフィスについて相談先を見つける

香港のレンタルオフィス/バーチャルオフィスに詳しい専門家一覧を見る

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

香港でレンタルオフィス/バーチャルオフィスを探すために知っておきたいポイント

香港における主なレンタルオフィスの形態

香港は、世界中から資本が集まる国際都市であり、また会社登記が比較的簡単で税率も低いことなどから、海外からスタートアップを目指して移住する人も増えているため、多くのレンタルオフィスが存在します。

香港のレンタルオフィスの形態は主に次の3つになります。

サービスオフィス

ドアや壁で仕切られた専用スペースにデスク、椅子、キャビネット、電話回線等基本的な調度品が用意されています。また、オプションで電話の取次ぎや郵便や荷物の受け取り、共用プリンターやFAXの利用や、会議室を割安料金で時間借りすることもできます。

バーチャルオフィス

格安の手数料でオフィスの住所を会社登記の住所として登録することができます。オプションで電話の取次ぎ、郵便や荷物の受け取り、時間単位での個室や会議室の利用、登記手続きの代行等のサービス等を受けることもできます。常駐者を置かず、出張ベースで事業を展開する場合等に利用すると費用を最小限に抑えることができます。

コワーキングオフィス

最近日本でも流行っているシェアオフィスに似た形態です。会員制で特定の席はなく、カフェテリアの様なオープンスペースの空いている席を利用するもので、スタートアップやクリエイティブ、フリーランサーに人気があります。郵便や荷物の受け取り、共用プリンター、コーヒーマシン、会議室の利用ができます。また、管理会社が会員同士の交流を目的としたイベントを開催したり、会員企業が自社のサービスを紹介する有料/無料のイベントや勉強会を開催しています。

▲目次に戻る

香港の主要ビジネスエリアについて

香港は、世界中から資本が集まる国際都市であり、また会社登記が比較的簡単で税率も低いことなどから、海外からスタートアップを目指して移住する人も増えているため、多くのレンタルオフィスが存在します。

香港のレンタルオフィスの形態は主に次の3つになります。

セントラル(Central/中環)

香港の金融中心街。世界中の金融機関や大手企業がこの地域の高層ビルにオフィスを構えています。賃料は他の地域に比べ割高になっています。しかし、有名なビルにオフィスがあると、新規の顧客からの信用が得られやすいというメリットもあります。

ワンチャイ(Wan Chai/湾仔)

香港島の商業中心地。国際展示場があり、1年を通じて様々な展示会を行っています。隣接するコーゼーベイ(Causeway Bay/銅鑼灣)はファッション関連の小売店が多く、日本の渋谷に例えられ、流行の発信地となっています。

チムサーチョイ(Tsim Sha Tsui/尖沙咀)

九龍半島の商業中心地。観光客が必ず訪れる地域です。マカオや珠海行きのフェリーターミナルがあり、この地域の中でもチムトン(East Tsim Sha Tsui/尖東)は中国行きの電車のターミナル駅(ホンハム/Hung Hom/紅磡)にも近く、ホテルも多いため、中国へのアクセスや出張者との打ち合わせ等に便利です。


その他のビジネスエリアとしては、ライチーコック(Lai Chi Kok/荔枝角)やクントン(Kwun Tong/觀塘)は商業中心地から離れた工業地域のため賃料は格安です。また、この地域は商業ビルと倉庫ビルが隣接しているため、商品の在庫保管する倉庫が必要な場合などに便利です。

▲目次に戻る

香港でレンタルオフィスを活用するメリット

香港のオフィス賃料は世界でも1,2の高値となっており、慎重にオフィス選びをしないと利益を圧迫しかねません。通常香港のオフィスの契約期間は2年間で途中解約をしても契約期間中の賃料は支払う義務があります。また、香港は開発のサイクルが早く、開発が進んで周辺地域の地価が上昇すると、契約更新時に大幅な賃料の値上げを要求されることがあります。 そのため、長期的な不動産市場の変化を見据えてオフィスを選ばないと契約更新の交渉が不成立になった場合、賃料の安いオフィスに移転することになりかねず、移転の費用や労力も少なくありません。 その点、レンタルオフィスは多くの場合1か月前に通知をすれば解約できるので、事業展開が確立されるまでの期間レンタルオフィスを利用するのはそうしたリスクを削減できます。

▲目次に戻る

香港のレンタルオフィス/バーチャルオフィス一覧

香港のレンタルオフィス/バーチャルオフィスの一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

  • ウィンゲートビジネス / Wingate Business Group Limited

    立地ワンチャイセントラルプラザオフィス(MTRワンチャイ駅 徒歩3分)
    ワンチャイピコタワーオフィス(MTRワンチャイ駅徒歩3分)
    セントラルワールドワイドオフィス(MTRセントラル駅徒歩30秒)
    日本語対応
    最低契約期間3ヵ月~
    会議室5部屋 小:200HKD/時間、大:300HKD/時間、特大:500HKD/時間
    ウィンゲートビジネスは、香港商業中心部の一等地で、質の良いサービスオフィス、バーチャルオフィス、貸し会議室、その他様々な専門サービスを提供しています。オフィスの大きさは大小様々あり、用途に応じてお選びになれます。すべてのオフィスが改装済みです。
    料金シュミレーション
    個室・占有
    5500HKD~/月
    シェア・共有
    2380HKD~/月
    バーチャル
    200HKD~/月

香港のレンタルオフィス/バーチャルオフィスの専門家一覧

ウィンゲートビジネス / Wingate Business Group Limited

香港のプロフェッショナル
代表者:マイケル チャン
wingate_logo
【香港 / レンタルオフィス】
起業から円滑な運営まで、日本企業の香港進出をトータルサポート!

ウィンゲートビジネスは皆さまのビジネスをサポートするために2000年に設立されました。融通の利くワンストップサービスによって,ビジネススタート時の費用を抑え、管理業務にかかる時間を減らし、皆さまのビジネス拡大に注力する助けになることを願っています。 …続きを読む


ページ上部へ
海外進出支援コンシェルジュ

香港レンタルオフィス/バーチャルオフィスに関するQ&A


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ