中国レンタルオフィス/バーチャルオフィスの特集ページ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


中国でレンタルオフィス/バーチャルオフィスをお探しの方へ

中国でのレンタルオフィス/バーチャルオフィスをお探しの方に、知っておくべきポイントとおすすめのレンタルオフィス/バーチャルオフィスをご紹介する特集ページです。

▼中国でレンタルオフィス/バーチャルオフィスを探すために知っておきたいポイント

中国のレンタルオフィス/バーチャルオフィス事情

オフィスを構えるべき中国のビジネスエリアについて

中国でレンタルオフィス/バーチャルオフィスを活用するメリット

▼中国でのレンタルオフィス/バーチャルオフィスについて相談先を見つける

中国のレンタルオフィス/バーチャルオフィスに詳しい専門家一覧を見る

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

中国でレンタルオフィス/バーチャルオフィスを探すために知っておきたいポイント

中国のレンタルオフィス/バーチャルオフィス事情

中国に進出するにあたり、失敗しないためにも事前に情報を集めたり、トライアルを実施するなど、最初の投資額を出来るだけ少なく抑え、事業の見通しや方向性が明確になった時に、事務所を借りたり、設備投資を行ったりするという方法が確実性の高い方法といえるでしょう。

そんな中国事業のスタートアップや、情報収集に最適なのがレンタルオフィスです。レンタルオフィスとは事務所機能を持つ専門の会社に月々または一年等、契約期間を決めて、その期間その場所を自社のオフィスとして利用できるというサービスです。

中国には多くのレンタルオフィスが存在しており、北京、上海、広州等は多くの企業が進出しています。特に経済の中心である上海地区は最も経済活動が活発で、経済、サービス、金融の拠点としての存在感を示しています。

本項においては、そのようなオフィス問題を、初めての中国進出でも経験することがないよう、段階的なオフィス選びを提案してもらえるレンタルオフィスサービスを展開している企業のご紹介と共に、上海のオフィスエリアについて少々言及したいと思います。


▲目次に戻る

オフィスを構えるべき中国のビジネスエリアについて

中国最大の商業都市である上海市は世界有数の世界都市で、中国の経済の中心として繁栄しています。現在、人口は2400万人を超えており、市内総生産は約45兆円となっています。その上海エリアは揚子江を境に大きく2地区に分けることが出来ます。ひとつは揚子江の東側の浦東地区、もうひとつは西側の浦西地区です。

浦東地区

浦東地区は中でも金融、商業の中心として、多くのオフィスビルや商業施設が立ち並び、多くのビジネスマンが活動しています。浦東地区の陸家嘴金融貿易ゾーンの中心部にある上海環球金融中心(IFC)は、上海でも人気の高いオフィスロケーションで、多くの金融機関や一流企業が入居しています。

 

浦西地区

浦西地区は、盧湾区、静安区、長寧区に分かれています。盧湾区は中心部にあり2011年に黄浦区と合併しました。ファッションの中心部、淮海中路を中心に新天地や田子坊があり、静安区には静安寺や多くのデパートなどがあるショッピングにも最適な土地です。

長寧区は外国人が多く住むエリアで、虹橋国際空港や上海虹橋駅があります。とりわけ虹橋エリアと呼ばれる地区には、上海国際貿易センター等、経済活動の拠点が多く存在し、日系製造業の上海オフィス等も数多く進出しています。

 

▲目次に戻る

中国でレンタルオフィス/バーチャルオフィスを活用するメリット

中国では近年土地価格の上昇に伴い、オフィス賃料も上昇しています。そんな中で、新しく進出等を検討しているのであれば、いきなりオフィスを借りて活動するよりも、レンタルオフィスを選択し、低額でありながら、ちゃんとオフィス機能が果たせる場所を借りた方が有意義かと思われます。

レンタルオフィスのメリットは、営業規模に合わせて手軽にオフィスの規模が変更できる点です。1人用~10人以上での利用まで多くのプランが用意されておりますので、その時の必要人数に合わせて、契約の変更が可能となっています。

また初期投資が少なくて済むのも魅力です。オフィス街の一等地であると安い賃料で借りる事は難しいですが、レンタルオフィスですと、その土地では到底借りられないような値段でオフィスを置くことが可能となります。

レンタルオフィスのメリットとして様々な付加サービスが受けられる点も忘れてはなりません。電話対応サービスや、会議室の使用、通訳派遣、会社登記代行など会社として必要なサービスが受けることが出来ますので、賃貸契約をして借りている事務所と比べても差のない対応が可能です。

中国では近年土地価格の上昇に伴い、オフィス賃料も上昇しています。そんな中で、新しく進出等を検討しているのであれば、いきなりオフィスを借りて活動するよりも、レンタルオフィスを選択し、低額でありながら、ちゃんとオフィス機能が果たせる場所を借りた方が有意義かと思われます。

レンタルオフィスのメリットは、営業規模に合わせて手軽にオフィスの規模が変更できる点です。1人用~10人以上での利用まで多くのプランが用意されておりますので、その時の必要人数に合わせて、契約の変更が可能となっています。

また初期投資が少なくて済むのも魅力です。オフィス街の一等地であると安い賃料で借りる事は難しいですが、レンタルオフィスですと、その土地では到底借りられないような値段でオフィスを置くことが可能となります。

レンタルオフィスのメリットとして様々な付加サービスが受けられる点も忘れてはなりません。電話対応サービスや、会議室の使用、通訳派遣、会社登記代行など会社として必要なサービスが受けることが出来ますので、賃貸契約をして借りている事務所と比べても差のない対応が可能です。

▲目次に戻る

中国のレンタルオフィス/バーチャルオフィス一覧

中国のレンタルオフィス/バーチャルオフィスの一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

中国のレンタルオフィス/バーチャルオフィスの専門家一覧

上海策房投資管理有限公司

代表者:山田英里子
上海策房投資管理有限公司

中国の会社設立/法人設立の専門家 上海策房投資管理有限公司…続きを読む


ページ上部へ
海外進出支援コンシェルジュ

中国レンタルオフィス/バーチャルオフィスに関するQ&A


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ