日本人が立ち上げたFin Techが巨大アジア市場の制覇をめざす | 世界全域進出企業インタビューならヤッパン号


omise_main-1

Omise Holdings FinTech巨大アジア市場の制覇めざす

Omise Holdings Pte., Ltd. Founder・CEO 長谷川 潤

Omise Holdings FinTech巨大アジア市場の制覇めざす

タイに本拠をかまえ、オンライン決済プラットフォーム『Omise Payment』を運営するOmise。CEOの長谷川氏は、米国や日本でさまざまなTechサービスを立ち上げてきた。いま、アジアに着目する理由を同氏に聞いた。

※下記は「アジアの注目企業100」から記事を転載しています。→掲載元

日本人が立ち上げたFin Techが巨大アジア市場の制覇をめざす

―米国や日本でいくつかのサービス立ち上げを経験してきたそうですね。タイで新たに起業した理由はなんでしょうか。

東南アジアにおけるEC領域の市場規模がこれから巨大になっていき、多くのビジネスチャンスが生まれると考えたからです。現状では、オンラインでのショッピングは日本に比べて普及していません。しかし、だからこそ、これから大きく伸びていくのは確実だと考えています。そのチャンスにねらいを定め、タイで起業しました。

当初はeコマースのプラットフォームをつくろうとしていたんです。ところが、決済システムの導入でつまずいてしまいました。既存のオンライン決済システムは、導入に相当な手間と時間がかかるものばかりでした。「それなら、私たちが、だれでも手軽に導入できるようなシステムをつくれば、EC事業に参入しようとしている、ほかの事業者に支持してもらえるはずだ」と気づいたのです。それから事業の方向性を転換し、グローバルオンライン決済プラットフォーム「Omise Payment」を開発しました。現在タイ、日本、シンガポールでサービスの提供をしています。

 

―決済プラットフォームは既に多く存在しますが、「Omise Payment」にはどのような特徴がありますか。

まず、手軽に導入できることです。EC事業者は「Omise Payment」のAPIを自社のシステムに組み込むだけで利用可能です。そして、高い不正防止機能があります。独自のAI技術でクレジットカード不正利用を検知し、防止します。さらに、グローバルでの活用に対応しているのも特徴です。日本および東南アジアのどこの国でも、同じシステム、同じオペレーションで決済ができます。よりスピーディに海外展開することが可能です。このサービスによって、EC事業参入への障壁が低くなり、より多くのプレーヤーがEC事業に乗り出すでしょう。結果として、アジアにおけるeコマースの成長が加速されるはずです。

CEO長谷川(右)とCOOドニー(左)

―今後の企業成長のために、どんなビジョンを描いていますか。

日本と東南アジアをメイン市場として展開に力を入れていきます。日本はIT環境が整っており、市場が大きいですが、一方東南アジアは近年、Tech企業の成長がいちじるしく、大きな可能性を秘めています。そして、現在はブロックチェーン・プロジェクト「OmiseGO」を進めています。ブロックチェーンのもつ利点を活かして、マーケットに存在する課題を一気に解決していきます。これからのビジネスを軌道に乗せ、アジアで屈指のオンライン・ペイメント・ゲートウェイに成長していきたいですね。

 

Jun Hasegawa(ジュン ハセガワ)プロフィール

1981年生まれ。日本の高校を卒業後、米国へ渡りエンジニア、デザイナーとして大手企業やスタートアップの開発案件に携わる。帰国後の2000年に株式会社アルファ・ドゥーへ入社。広告物のデザインをはじめ複数の案件を担当。その後、米国や日本で新しいサービスの立ち上げに携わる。2013年に共同創業者とともにOmise Co.,Ltd(現:Omise Holdings Pte.,Ltd.)をタイに設立、CEOに就任。

このサイトをフォローする

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク