シンガポールでの不動産投資の第一歩を踏み出す | アジア全域 デベロッパー進出企業インタビューならヤッパン号


hankyu-hanshin-interview-top

阪急阪神グループ シンガポールでの不動産投資の第一歩

Hankyu Hanshin Properties Singapore PTE.LTD. Mnaging Director 坂井 一弘

阪急阪神グループ シンガポールでの不動産投資の第一歩

阪急阪神グループは2017年5月に、アセアンではインドネシアに次いで2件目の投資案件となる、シンガポールの物流拠点「Hankyu Hanshin Logistics Centre」の営業を開始した。建設したHankyu Hanshin Properties Singapore PTE.LTD.の坂井氏(Managing Director)に対して、アジアの不動産に関する総合コンサルティングを提供する大和不動産鑑定の浅野氏が、話を聞いた。

シンガポールでの不動産投資の第一歩を踏み出す

―アジアでの事業内容や実績を教えてください。

阪急阪神ホールディングスグループは、2015年から海外不動産への投資として、シンガポールにおいて100%独資で賃貸倉庫の開発を行いました。当社は、その開発に取り組むことを契機に設立された海外子会社になります。その倉庫は昨年に竣工し、現在は当該物件の管理運営に取り組んでいます。

 

―どのような理由から、現在の立地を選んだのですか。

シンガポールは、アセアンの成長にともなって物流拠点としての重要性が、ますます高まっています。そのニーズも従来からのものにとどまらず、ヘルスケア関連、医療機器、医薬品、食品、eコマース関連などへと拡がっていくと考えられます。

シンガポールの中でも、Hankyu Hanshin Logistics Centreの立地は、ジュロン島のすぐ近傍になります。高速道路出入口に近く、市内中心部や既存の港湾地区からのアクセスに優れていることに加え、シンガポール政府が2020年代初頭から順次供用開始する予定のトゥアス(Tuas)新港にも近いことから、将来にわたって物流適地としての競争力が高いと考えました。

 

―シンガポールの不動産市況や、日本との違いなどを教えてください。

シンガポールはアセアンのハブと言われていますが、実際にアセアンやアジア経済とはあらゆる面で関係が深く、世界中から投資家が集まっています。不動産マーケットにおいても、日本とは違う慣習のもと、そうした様々なプレイヤーがスピード感をもってビジネスしています。我々も、日本の経験を礎にはしながら、こちらのやり方を日々学びながら取り組んでいます。

 

―最後にアジア市場での今後の展開や、ビジョンを聞かせてください。

現時点はまだ竣工したばかりの賃貸倉庫の管理運営に力を注がなければならない状況ですが、それにとどまらず、今後は、阪急阪神ホールディングスグループの不動産事業の海外子会社として、将来を見据えた新たな事業の種を探していきたいと考えています。

 

大和不動産鑑定様(監修企業)からのコメント

東南アジアでは、日系デベロッパーが進出する場合、まずはローカル企業が行うプロジェクトに出資する形でスタートするケースが多い中、果敢に自らの力でプロジェクトを遂行した阪急阪神ホールディングスグループ様。地価が高いシンガポールで、自社保有の開発として真っ向勝負している姿に、大いなる尊敬の念を抱きます。市場調査のお仕事をさせて頂いていますが、こういった魅力的な方々とお仕事ができるのはとても光栄なことと感じます。

大和不動産鑑定 とは50年以上に渡り、法人に対して、不動産に関する情報やサービスを提供してきた総合不動産コンサルティングファーム。2017年よりシンガポールに法人を構え、本格的にアジア圏でのサポートを始めている。

 

このサイトをフォローする

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク