KLab Cyscorpions President 野口 太郎 様 インタビュー | フィリピン進出企業インタビューならヤッパン号


Klab

日本人がフィリピン進出で成功するには

KLab Cyscorpions President 野口 太郎

日本人がフィリピン進出で成功するには

いまマニラでホットスポットとして注目を集めるBonifacio(ボニファッシオ)。ここにオフィスを構えるのが今回取材したKlab株式会社のフィリピン現地法人KLabCyscorpionsだ。同社は様々な人事施策によって、優秀なフィリピン人エンジニアを採用し育成することに成功している。今回は同社代表の野口氏に、主にフィリピンでのマネジメント手法について聞いてみた。(取材内容は2013年8月時点のもの)

【フィリピン現地法人の事業内容】
―まず御社の事業内容を教えてください。

 弊社は東証一部上場企業であるKlabのフィリピン現地法人という形で、主にスマホ向けのゲームやアプリ開発をしています。現在、社員はフィリピン人と日本人合わせて160名くらいです。

―もともと野口さんがフィリピンで起業したCyscorpionsにKlabが出資して、今の会社になったと聞きました。

 そうです。私は2007年にCyscorpionsをマニラのマカティで起業しました。当時の社員が20名ほど。日本から携帯コンテンツの開発案件などを受託していました。私が日本に帰国して営業をして開発案件を受注して、その開発をフィリピンでやっていたという感じです。

 2010年に事業は黒字化したのですが、逆にそれが良くなかったのか、社内に緊張感がなくなった。しかし、私には危機感がありました。飯を食えるようになったけど、それでいいのかと。もっと成長しなければと思ったんです。

 そんな時、Klabが日本で株式上場して、社長の真田さんが海外事業の展開を検討し始めていました。もともと私は学生時代からサイバードという会社で働いていた関係で、真田さんのことはよく知っていました。真田さんから「太郎、ぜひフィリピンで一緒に事業をやろう」と声をかけてくれました。そこで私もこれは更なる成長のための良い機会だと捉えて、Klabから出資を受けることに決めたのです。

【国際分業体制について】
―Klabグループの中で、フィリピン現地法人はどんな位置づけですか?

 弊社は2つの役割を担っています。1つ目が日本のKlabのオフショア先という側面。現在、日本ではエンジニアのコストがかなり高くなり、また同時にアプリケーションのリッチ化が進み、日本でのゲーム開発のコストが大きな課題となっています。その開発コストを削減する目的ですね。

 2つ目がグローバル向けのゲーム開発。Klabはアメリカにも子会社を持っています。アメリカでは北米や欧州向けゲームのマーケティングや企画を担っています。そして、そこで企画されたゲームを開発するのがフィリピンということです。

―なるほど。国際分業をしているわけですね。

 そうですね。グローバル向けのゲームに関しては日本を通さずに、アメリカとフィリピンだけでやり取りしています。

ページ: 1 2 3 4 5

このサイトをフォローする

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク