メガネの代名詞「OWNDAYS」を目指す | 世界全域進出企業インタビューならヤッパン号


ownsdays_top

メガネの代名詞「OWNDAYS」を目指す

OWNDAYS CO., LTD. 代表取締役社長CEO 田中 修治

メガネの代名詞「OWNDAYS」を目指す

記事内容をようやく。14カ国以上でビアードパパを中心に173店舗を展開する、株式会社麦の穂の代表取締役社長、今泉氏に、これまでのアジア展開の経緯と、今後の展望について語って頂いた。

※下記は「アジアの注目企業100」から記事を転載しています。→掲載元

メガネの代名詞「OWNDAYS」を目指す

―御社の事業内容とアジアでの事業展開について教えてください。

弊社では、リーズナブルで高品質なオリジナルブランドメガネを、企画・デザイン・製造から販売まで全て自社で実施しています。日本初のメガネのファストファッションとして、OWNDAYSブランドを世界に広げており、2013年に海外初店舗をシンガポールにてオープン。その後、現在までにアジア7か国に展開を広げ、海外の店舗数も84店まで増えています。

 

―アジア展開を始めた理由は何でしょうか?

最初のアジア展開はシンガポールでした。当時からメガネ着用率が高い国ではありましたが、それなりの製品と、そこそこのサービスレベルに対して、見合っていない高額な値段がつく事が当たり前になっていました。そこへ、今までにない、付加価値の高い製品とサービスを、リーズナブルな価格で提供することで、新たなマーケットを創造することに成功しました。その後、アジア展開を加速させ、4年間で台湾、マレーシア、フィリピンなどの7か国に進出。OWNDAYSのメガネをかけることで、世界でもっと多くの人々が昨日よりもウキウキできるよう、自社ブランドを産み出し続けています。

 

―御社製品・サービスがアジアで高く評価されている理由を教えてください。

現地のマーケットに合わせた製品・サービスの提供が重要だと考えています。国や文化によって消費者の「気質」や「購買活動の様子」が大きく異なるため、常にお客様の動向を見逃さないように心掛けており、「アジアフィッティングモデル」など、現地消費者に合わせた製品の開発にも注力しています。

 

―アジアビジネスの今後の展望を教えてください。

驚きや、品質、新しい価値の創造には、やはり「人」が永遠の課題であり、これからも私たちは人材教育に力を入れ、それぞれの文化に合わせてカスタマイズしながらオンデーズスタンダートなサービスを提供していければと思っています。OWNDAYSを更に積極的に世界展開させ、「メガネと言えばOWNDAYS」、とメガネの代名詞になれる日が来ることを目標に、さらなる飛躍ができればと思っています。

このサイトをフォローする

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク