既に進出されている日系企業は日本人の給与・手当などはどのように設定されている場合が多いのですか? | ベトナムに関する Q&A / コラム | ベトナムの労務管理/海外赴任対策ならヤッパン号


flag_vietnamベトナムに関するQ&A

既に進出されている日系企業は日本人の給与・手当などはどのように設定されている場合が多いのですか?

ケースバイケースですが、多くの日系企業にインタビューしてきた中で、以下3つのパターンに分かれると考えております。

1つ目は、外国在住の手当などを加えて日本本社で勤務時よりも多めの給与を支給するパターンです。この場合、日本本社で一定額を支払い、ベトナムでもドン建てで給与が支給されることが多いと思われます。なお、このパターンは大企業に多く、給与の他にもコンドミニアムなどの住居が手配されています。

2つ目は、ベンチャー~中堅企業に多いのですが、日本本社の給与を据え置きで派遣されるパターンです。住居の手当に関しては、会社で提供するか・住居費として+αで現金支給する場合が多いです。ただし、ベトナム勤務手当などの支給はないです。なお、ベトナムの個人所得税は日本よりも高いのが特徴です。例えば、税引き後所得給与が500万円の場合、約50%の税金が発生します。そのため、この所得税負担を会社が肩代わりするケースも多いです。

3つ目は、ベトナムでの生活費が日本よりも安いことを考慮し、日本本社での給与よりも安く設定し支給するパターンです。ベンチャー企業&中小企業が新入社員や若手社員を派遣する場合に適用されることが多いです。

他方、人材ありきの海外駐在という流れとは別に、金額ありきで実力およびやる気のある社員を現地駐在員へ抜擢する日本企業も増えており、またそのような機会が得られるのであれば給与は気にしないという若手社員も大変多くなってきていると伺っています。

新しい国への挑戦であれば、他社がどのようにやっているのかを知ることも重要ですが、自社の新しい考え方や求める人物像に照らし合わせた給与の設定にも挑戦してみることも、また重要なのかもしれません。

ベトナムにおける人事・労務領域に関して具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
ベトナムの人材紹介会社まとめ


なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_vietnam ベトナム進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク