アメリカネバダ州の新税制における法人税(Commerce Tax)について教えてください。 | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカネバダ州の新税制における法人税(Commerce Tax)について教えてください。

ネバダ州新税制が発表されましたが、その中で「Commerce Tax(商業税)」に関してよくあるご質問に関してお答えします。

 

【1.Commerce Taxとはどのような税金ですか?】

企業がネバダ州内でビジネスを行う権利を得ると同時に対象になる税金であり、ネバダ州内での売上に対して課される商業税です。所得の大小にかかわらず、売上に対する課税システムです。“売上”には商品の売り上げ、賃貸収入、サービス収入、コミッション収入など、多岐にわたる収入が含まれます。年間400万ドルの売上を超えた場合のみに課される税金ですので、年間400万ドルの売上に満たない場合には税金は発生しません。ただし申告書の提出自体は必要ですので留意が必要です。

 

【2.Commerce Taxの税率は何パーセントですか?】

26種類に分類された業種のカテゴリーによって異なる税率(0.051%~0.331%まで)が課されます。例えば製造業であれば0.091%、卸売業であれば0.101%、倉庫業であれば0.128%です。

 

【3.Commerce Taxの申告期間、期日は?】

7月1日から6月30日までの12か月です。申告期日は45日後の8月15日ですが、30日間の延長期間を得ることも可能です。

 

Commerce Taxに似た税制はオハイオ州、テキサス州、ワシントン州でも既に採用されており、今後新たに他州でも採用されることが考えられます。Commerce Taxに関してご不明な点などありましたらお気軽にお知らせください。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

CDH会計事務所

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ