アメリカの生命保険に関する税金について教えてください。 | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカの生命保険に関する税金について教えてください。

アメリカには大きく分けて以下2つの生命保険があります。

①Term Life Insurance – 掛け捨てのタイプ
②Whole Life Insurance – 貯蓄型のタイプ

生命保険の種類、それぞれの特徴に関しては生命保険の専門家にアドバイスを受けることをお勧めいたします。今回は生命保険に関する税金についての質問と回答をご紹介します。

 

【1.生命保険料は税務上、控除として扱うことができますか?】

個人で加入する生命保険料は「Personal Expense(個人的な出費)」とみなされ、一般的に税務上、控除扱いされることはございません。

 

【2.会社で加入する生命保険に関し、会社負担の生命保険料は個人の収入扱いになりますか?】

会社が支払ってくれている保険料が$50,000未満であれば、一般的には収入扱いする必要はありません。ただし、$50,000を超えた部分の保険料に関しては個人の収入としてみなされることが一般的なルールです。

 

【3.死亡保険金の受取人は税金を支払いますか?】

一般的には受取人は非課税で死亡保険金を受け取ることができます。
「生命保険料は控除できない = 死亡保険金も課税されない」という仕組みがございます。

 

【4.貯蓄型の生命保険口座から現金を引き出した際には課税されますか?】

保険料を長期間にわたり支払い続けることで、「Cash Value(契約者の任意の解約によって支払われる金額)」が蓄積されます。一般的には保険料の累計支払額までは非課税で現金を引き出すことができますが、実際に支払った金額より多くのお金を引き出す際には、課税されることになります。現金を引き出す際には、累計で支払った金額とCash Valueを比較して、いくらまでなら非課税で引き落とせるか確認することが重要です。

 

生命保険の種類は複雑で、対応する税金のルールもとても複雑です。生命保険に加入する際は、税務上の利点・欠点も考慮してプラニングすることをお勧めします。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

CDH会計事務所

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ