【ニューヨーク不動産会社に聞く】
ニューヨークでの住宅賃貸契約時、必要書類と注意点を教えて… | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの不動産ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

【ニューヨーク不動産会社に聞く】
ニューヨークでの住宅賃貸契約時、必要書類と注意点を教えて下さい。

①必要書類

・パスポートやビザ
・雇用証明レター(アメリカで所得がない場合には、保証金の増額、や1年分前払いの可能性あり)
・ニューヨークの銀行口座の残高もしくは口座の開設証明
・1ヶ月分の家賃
・1ヶ月分の保証金
・不動産仲介手数料
・アプリケーション費
・ソーシャルセキュリィー番号の申請証明

コンドミニアムの場合には、別途、管理組合の審査料や入居の際のエレベーター使用料他がかかります。物件により、紹介状などが必要な事もあります。個別に不動産会社やオーナーに確認するなどチェックが必要です。

 

②注意点

基本的にオーナー側に不利な条件は、初期の契約書内容に記載されていません。しかしオーナーとの交渉により追加も可能です。オーナーとの直接交渉に自信をお持ちの方はそれも可能ですが、基本的には不動産会社を通してご契約をされたほうが安全です。

オーナー側に不利な条件とは、例えば「途中解約条項」です。通常ニューヨーク住宅賃貸の契約期間は1年もしくは2年ですが、駐在員の方などは、急な異動が発生する場合に備え契約内容に「途中解約条項」を加えておくと良いでしょう。

スタンダードリース等の場合は、契約書内容本文の変更は基本的にはできません。そのため「途中解約条項」等は「上書き(ライダー)」もしくは「追記」というかたちで、契約内容に入れてもらいます。ここで上書きや変更した項目は優先されることになります。コンドミニアムの場合、特定の契約フォーマット(101フォーム)を利用する事になり、契約内容の変更や削除は、オーナーとの交渉によって可能です。

 

ニューヨークの会社設立・不動産に関する無料ご相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

NY Home & Living, Inc. 代表 樫原 博美

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ