アメリカ(米国)進出の前に留意すべき税制に関すること等があればご教示下さい。 | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカ(米国)進出の前に留意すべき税制に関すること等があればご教示下さい。

ご存知かと思いますが、アメリカ(米国)には連邦政府が課す税金と州が課す税金は異なり、州の税金については州がそれぞれ独自に政策決定をしたものになるため、結果的には州ごとに税制が大きく異なる点に注意が必要です。

日系企業が進出先を検討する際に、たとえばネバダ州のような州法人税が無い州を選択するケースも見受けられ、その選択そのものが問題ではございませんが、「州法人税が無い」=「良い進出先」とは単純に結びつけることは間違った判断をしてしまうリスクもございます。例えば、州法人税がない州は一般的には固定資産税や売上税が高い場合が多い点には留意する必要があるでしょう。

またその州の経済規模についても要注意です。州法人税が無い州に法人設立をしたものの、その州における経済規模が小さければ結果的には利益も少なくなり、州法人税が無いというメリットを享受することは出来ません。他方、経済規模が非常に大きい州で大きな市場を獲得し、巨額の利益を生み出せば、税率が高かろうとも会社に留保される資金はより大きくなる可能性も十分あります。

州の法人税の扱いについては、日米租税条約やAMTに関しても大きな影響を及ぼしますので、やはりこのような問題を抱えることの内容に税務の専門家の助言をしっかりと聞きながら事業運営に当たる必要があるでしょう。

アメリカの会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカで会社設立 (法人設立する手順まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク