アメリカ(米国)への進出形態によって生じる違いなどについて注意点があれば教えてください。 | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会社設立ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカ(米国)への進出形態によって生じる違いなどについて注意点があれば教えてください。

進出形態の違いは色々とございますが、特に留意すべき点を、「現地法人」「支店」「LLC」を比較していくつかピックアップしてみました。

1. 運営に関する違い
現地法人やLLCは重要な取り決めに関しては総会や役会などを開く必要が発生してしまう点と比較すると、支店は本社側での決定事項をそのまま落す込むことが可能であり、迅速な意思決定が出来る点は重要なポイントの一つとなります。

2. 税金に関する違い
現地法人と支店に適用される税率は同じです。
一方で、LLCについては、法人課税かパススルー課税のどちらかを選択することが可能です。
(ただし、日米租税条約の適用をする際には扱いに注意が必要になりますので専門家に確認をした方が良いでしょう)

3. 法律に関する違い
支店の場合は、最終的にはその法的責任を本国側が担うことになります。これは支店がアメリカ(米国)において法人格を有さないことを意味しています。一方で、現地法人とLLCの場合は、それぞれがアメリカ(米国)における法人格を有しているため、法的責任は現地(アメリカ)側にのみ留まり、本国側は責任を担う必要がありません。

もちろん事業展開の目的や戦略によって、それぞれのメリットがデメリットになったり、その逆もまた然りです。進出形態を決定する際にはアメリカ(米国)進出コンサルタントや税務の専門家などに相談の上、じっくりと進出形態について選択をすることをおすすめします。

アメリカの会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカで会社設立 (法人設立する手順まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ