アメリカ(米国)の人件費について知っておくべきことはどのようなものになりますか? | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの採用支援/人材紹介ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカ(米国)の人件費について知っておくべきことはどのようなものになりますか?

50の州が集まっているアメリカ合衆国の人件費については、発展途上国のような低賃金を期待することは難しいのが現実です。一方で、50の州の平均年収から見てみると、最上位800万円前後の平均年収と最下位400万円前後の平均年収とその差は2倍近くあります。

仕事内容の違いなどによっても大きく異なり、専門職の強い仕事になると先進国となるアメリカ(米国)の人件費は日本よりも高くなるのが一般的ですし、最低賃金が極めて低いアメリカ(米国)の場合の単純労働や肉体労働者の賃金は日本よりもさらに低くなる傾向もあり、貧富の差が大きい国と言われる理由の一つでしょう。

またアメリカ(米国)に進出する際に、人件費と関連して注意する項目には駐在員の給与や手当に関する取り決めと言われています。特にアメリカ(米国)では、fringe benefitに対する課税が非常に厳しいため、駐在員が享受する基本給以外の経済利益(家賃補助や社用車、等)に課税をされてしまうことも多いと聞いています。

一般的には、人件費というと現地雇用に関して給与に目がいきがちですが、アメリカ(米国)に関しては、駐在員の給与体系からしっかりと整備をして行かないと、海外事業開始の段階から足下をすくわれる形になってしまいますのでご注意下さい。

特に駐在員給与に関しては、現地での給与支払の形を早急に整えなければ、源泉徴収関連において大きなトラブルになりますので、進出支援コンサルタントや会計事務所などしっかりとアドバイスを受けて、現地の体制を確立していくことが望ましいでしょう。

アメリカの人材採用等に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカの人材紹介会社まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク