アメリカでの経費規定について教えてください。 | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカでの経費規定について教えてください。

利益を得るために必要とみなされる費用は、経費として控除することが可能です。個人的な費用、生活費、または家族の費用は、ビジネスの経費として控除することはできません。
ここでは私用とビジネスが混在することが多い経費に関して簡単な説明をします。

旅費
出張旅費として控除できる費用は、家から出張場所までの交通費、タクシー、手荷物等の送料、レンタカーを含む車費用、宿泊費、食費(実際の費用の 50%まで)、クリーニング、電話代、そして支払ったチップ等です。この経費が贅沢に使用される場合や個人的な使用の場合は、出張旅費として控除することはできません。
なお、出張で掛かった経費、そして雇用主からの前受け金は、全て書面で記録しておく必要があり、その出張の予定表や経費の領収書等の関係書類も一緒に取っておくべきです。

旅費の清算方法
2 種類あります。
ひとつは実費精算。交通費、宿泊費、食事代、その他の雑費を実費精算します。
もうひとつの方法は日当による清算です。交通費はこれに当たりませんが宿泊費、あるいは食事代および雑費を実費とは別の日当で清算する方法です。
日当は国内の場合はどの地域でも一律の標準の日当を使用するか、地域(都市)ごとに日当の上限が設定されていますので、そちらを利用するかのどちらかです。
海外出張の場合は別の上限日当が設定されています。
税務上だれでもが日当による清算をできるわけではありません。ビジネスオーナーの場合は日当の使用に関して一定の規制が存在します。

車にかかる費用
ビジネスで掛かる車費用は、Actual Expense Method(実費精算)又は、Standard Mileage Rate Method(マイレージ清算)にて費用を控除することが可能です。実費精算を使用する場合、ガソリン、オイル、タイヤ、エンジンの調整、修理、減価償却費、保険、そして登録料等の実際に掛かった費用を経費として控除することが可能です。
マイレージ清算方法を使用する場合、実際使用したマイレージ数に決められたレートを掛けた額を控除します。個人事業主の場合、実費精算かマイレージ清算のどちらかを選びますが、法人にて所有している車に掛かる費用は、実費精算にて経費を控除します。
なお、米国では通勤費用は車経費として控除することはできません。車が私用とビジネスの両方に使われている場合は、実費をビジネスと私用のマイル数で按分してビジネス分にかかわる実費のみを控除することとなります。

 アメリカの税金に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカの会計事務所一覧

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク