アメリカでの小切手の仕組みについて教えてください。 | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカでの小切手の仕組みについて教えてください。

アメリカでは、ビジネス以外でも一般的に小切手が使用されます。家賃、光熱費、その他給料にいたるまで小切手での支払いが主流です。銀行振り込みはほとんど使われません。

小切手は基本的に支払人の銀行情報が記載されている紙です。それに金額を記入し、そして署名をして支払先に渡します。支払いを受け取った場合は、それを銀行に持ち込んで現金(銀行入金)にすることとなります。

気をつけなくてはならないのは、相手が銀行に資金がないにも関わらず小切手を振り出し、自分の銀行口座に入金しようとした場合、銀行は一旦銀行口座に入金の記録をするものの不渡りとなった場合は出金処理をします。
その場合、その小切手を振り出した方だけでなく小切手を受け取った方にも銀行手数料が課されることとなります。

 アメリカの税金に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカの会計事務所一覧

また受取人の口座残高によっては銀行側の小切手の入金処理に日数がかかります。相手の残高があるかどうかの確認のため 5 営業日を要するなど、小切手をもらってもすぐにその資金が使えない場合があります。

小切手での支払いをする場合、特に領収書を要求する必要はありません。支払小切手には支払先が明記されているからです。また支払いが済んだ銀行を通過した小切手の裏にはどの口座にいつ入金されたかの記録が記載されています。

小切手を使う場合、支払いをしてから相手が入金をするまである程度の時間がかかります。資金繰りの苦しい会社は、その時差を利用することもよく行われます。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク