アメリカでビジネスをする上で銀行口座は必要ですか?口座開設の注意点はありますか? | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会社設立ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカでビジネスをする上で銀行口座は必要ですか?口座開設の注意点はありますか?

アメリカでのビジネスは、小切手での支払いおよび集金がメインです。銀行でチェッキング(小切手)口座がなければほとんどビジネスができない、といっても過言ではありません。

会社が銀行口座を開く場合は、会社の連邦雇用者番号、役員(Officer)の誰かが記載されている議事録などの書類を持って役員本人が銀行に出向けば、その場で口座を開くことができます。
ただし会社の情報が州の Website に登録されていることが条件となりますので、タイミングによっては会社の設立から 1 週間ほど待たなくてはいけないこともあります。
役員が日本にいる場合などは、郵送などでの開設手続きとなりますので時間がかかります。
また口座開設の基準は銀行によっても異なります。

小切手のサイナー(署名者)は必ずしも役員である必要はありません。役員により指定された人であれば誰でもなれます。
小切手は簡単に作れます。銀行でなくても印刷業者に依頼することも可能です。
小切手をオーダーする場合はいくつかの種類があります(携帯用、カーボンコピーが着いているもの、会計ソフトから印刷できるように形式が合わせてあるものなど)ので、最適なものを選んでオーダーをしましょう。

アメリカの会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク