アメリカで法人を設立する場合、どのような形態があるのでしょうか? | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会社設立ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカで法人を設立する場合、どのような形態があるのでしょうか?

法人形態は一般的に以下の4種類です。

1. 個人事業主
特に登記をする必要もなく、法人形態をとらないでビジネスを始める場合はこれにあたります。
会社としての別途決算の必要もなく、もっとも安上がりです。
ただ、個人名義でのビジネスですので、問題があった場合は、個人資産も含めてまで無限責任を負うこととなります。

2.C Corporation
日本で言う普通の株式会社です。会社で決算をして利益に応じて税金を払います。
日本の会社のアメリカ法人は、ほとんどがこの形式となります。

3.S Corporation
普通の Corporation を設立した上で IRS に対して Subchapter S Election という選択を提出します。
そのことにより会社レベルでの課税はなく(州によっては少しの州税が発生します)、株主が個人の申告に会社の利益を付け加えて税金を支払うこととなります。
ただ、法人あるいは外国人は株主にはなれません。
日本からの投資が S Corporation とならないのはこの理由によります。

4. LLC
最近多く使われる形態です。
S Corporation 同様、株主が個人の申告書に会社の利益を加えて税金を払うこととなります。
S Corporation が州の会社法に規定されている方法でしか運営できないのに比べ、LLC は基本的にはパートナーシップであり個人間の契約なので、株主間で様々な取り決めができることがメリットです。
ただ、州によっては特別の Fee が課せられることがあります。
また株主(Member)が個人あるいは夫婦の場合、連邦上は法人とはみなされず、個人事業主としての申告となります。

アメリカの会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク