アメリカへの進出形態について教えてください。 | アメリカに関する Q&A / コラム | アメリカの会社設立ならヤッパン号


flag-usaアメリカに関するQ&A

アメリカへの進出形態について教えてください。

米国への進出形態としては、一般的に以下の3つがあげられます。

1. 支店の設立
2. 法人の設立
3. ジョイントベンチャー

それぞれに関してメリット、デメリットがあります。

1. 支店の設立

支店の場合は、あくまでも日本のビジネスの延長です。訴訟リスクが日本の本社に直接及びます。
会計的にはアメリカの支店の数字を日本側で取り込まなくてはならず、為替の調整なども逐次発生するため工数は増えます。
ただ、多くの場合、赤字となるアメリカの経営数字を日本側の決算に取り込めるため、儲かっている会社にとってはメリットがあることも多いといえます。

2. 法人の設立

最も一般的に使われる形態です。支店と異なり、別法人となるので、現地法人での単独決算となります。
本社の役員でなくともアメリカにいるメンバーが米国法人の役員を務めることができるので、銀行口座の開設から契約に関する必要なサインなどの手続きをスムーズに行うことができます。

3. ジョイントベンチャーの設立

他社と組む、あるいは何らかの業務提携を行うケースです。
いい相手が見つかれば、それぞれのいい点を出し合う、ということでメリットはあります。
ただ、 契約の詳細を詰めることが大事であり、時間のかかることが予想されます。自社で全てコントロールできないので、いい相手を見つけることが最大のポイントです。

アメリカの会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
アメリカで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ