タイで商標や特許申請をする際の注意点はありますか? | タイに関する Q&A / コラム | タイの国際特許/商標登録ならヤッパン号


flag_thaiタイに関するQ&A

タイで商標や特許申請をする際の注意点はありますか?

タイにおける特許申請や商標申請の際の注意点は以下のようなものがあります。

1. 日本との類似性
特許要件や保護の対象は日本と似ていますが、コンピューターのプログラムは保護されません。また動物・植物・微生物とこれら3つからの抽出物なども保護されることはありません。

2. 言語
出願をする際の言語はタイ語です。原則、タイ語以外は認められないのですが、優先権主張出願の際には提出書類が日本語であっても受理してもらえますが、あくまでも一時的な受理で提出からから90日以内にタイ語の翻訳を提出することが求められます。

3. 期限
審査請求制度や出願公開制度はタイにも存在しており、審査請求を行なう場合の条件は日本とは異なります。特に注意が必要なのは出願公開日から5年以内に審査請求を行なわなければならないルールがあるにもかかわらず、出願公開時期が不明であったり、公開されたとしても特許庁から連絡をもらえる訳でもない点です。

4. 他国対応出願
タイでの審査請求が完了した後、他国対応出願を行い、かつ審査結果を手に入れた場合にはタイの特許庁に滞り無く通知する必要があります。通知を怠った場合には他国対応出願は却下されたと判断されてしまいます。

以上のような点がタイにおける特許申請や証票申請の際の注意点です。

具体的なご質問がある方は、下記より専門家へのお問合せが可能です。
→タイの法律事務所・法務コンサルティング会社一覧

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_thai タイ進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. Magaging Director 吉田秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク