タイに法人を作る際の最低資本金はいくらですか? | タイに関する Q&A / コラム | タイの会社設立ならヤッパン号


flag_thaiタイに関するQ&A

タイに法人を作る際の最低資本金はいくらですか?

タイに法人を設立する場合はタイ進出時における法人形態によって必要となる最低資本金額が異なるという点を理解しておく必要があります。

外資法人としてタイに支店を設立する場合は最低資本金として300万バーツ必要になりますし、地域統括会社の場合は1,000万バーツが必要となります。非公開株式会社の場合、最低資本金は特に定められてはいませんが、タイではペーパーカンパニーのように、とりあえず会社を作って、その先はそれから考えるというようなことには極めて不向きな国のため、実際問題としては、しっかりとした事業計画のもとタイでの事業展開をすることになり、結果その事業計画を成功に導くために必要となるであろう資本金が必要となってきます。つまり、大規模設備投資も含めた事業展開を計画している場合には、地域統括会社よりも遥かに大きな金額の資本金が必要になるということになります。

最低資本金に関しては一つ注意しなければならないポイントがあります。
それは外国人(タイ国籍以外)の雇用が発生ケースで、どのような法人形態であったとしても、外国人労働者を雇う場合にはビザ発行「一人につき資本金200万バーツ」が必要になるという点です。

事業計画の有無に関わらず、日本人を3人雇用し就労ビザを発行するのであれば、自動的に最低資本金額600万バーツが必要になってしまうということになりますのでご注意下さい。

タイの会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
→タイで会社設立(法人設立)する手順まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_thai タイ進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. Magaging Director 吉田秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク