カンパニーセクレタリー(会社秘書役)は自分でなれますか?または代表が兼務は可能ですか? | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの進出ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

カンパニーセクレタリー(会社秘書役)は自分でなれますか?または代表が兼務は可能ですか?

まず代表取締役か否かは考慮する必要がないので「取締役」が兼務可能かどうか?という質問としてご回答させていただきます。

また、自分でなれるか?という質問につきましては、仮にご質問者様がシンガポール人あるいはシンガポール永住権保持者かどうかによっても回答が変わってしまいますので下記をご確認ください。

1. 取締役が1名の登記の場合

シンガポール法人設立には、現地に居住しているシンガポール人、またはシンガポール永住権保持者が取締役として最低1名必要で、この取締役がカンパニーセクレタリーを兼務することはできないルールとなっております。

2. 取締役が2名以上の登記の場合

設立法人に取締役が2名以上いる場合、現地居住者で取締役登録をされている方がカンパニーセクレタリーを兼務することは可能となります。

ただし、形だけのカンパニーセクレタリーではございませんので、兼務をする取締役に実務としての処理能力があるのかどうか等はしっかりとご検討の上、ご判断頂いた方が良いかと存じます。

その他ご不明な点などございましたら、会社設立に詳しい専門家にご相談することをお勧めします。シンガポールの会社設立に関して、また専門家へのお問合せはこちらから可能です。
→シンガポールの会社設立特集

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。
→ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク