シンガポールでは居住法人と非居住法人の間に税務上どのような違いが見られますか? | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

シンガポールでは居住法人と非居住法人の間に税務上どのような違いが見られますか?

シンガポールで居住法人と非居住法人の税務上の取り扱いを比較すると、居住法人には非居住法人には無いメリットがふたつほどあります。一つ目は居住法人である場合は源泉徴収税が徴収されないというものであり、非居住法人は所得を受け取る際に必ず源泉徴収税が徴収されることになります。

二つ目は居住法人であればさまざまな減税や免税を受けられるという点です。外国税や片務的外国税、所得税、法人税などの減税や免税措置は居住法人でなければ受けることはできません。

このように居住法人の方がメリットが大きいと言えますが、居住法人になるためには居住判定で認められる必要があります。日本のような本店所在地主義ではなくシンガポールでは管理支配地主義を居住判定に用いているため、企業の管理がシンガポールでされていることが条件として挙げられています。

ただし、居住判定を偽るような形で税務上のメリットを取りに行くことは難しく、また望ましいものではございませんので、貴社の事業戦略に則ってシンガポール法人を居住法人とすべきか非居住法人とすべきかをご判断頂くのが良いでしょう。

その他ご不明な点などございましたら、会社設立に詳しい専門家にご相談することをお勧めします。専門家へのお問合せはこちらから可能です。
シンガポールで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク