シンガポールの法人税にはどのような会計基準がありますか? | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの進出ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

シンガポールの法人税にはどのような会計基準がありますか?

シンガポールは法人税が低いことで有名ですが、法人税の算出においては事業のために費やしたほとんどのお金を損金に含めることができます。利益を上げるために消費したお金はもちろんのこと、宣伝費や交際費も損金として扱えます。そのため、事業のために費やしたお金は細かい部分まで記録、管理することによって法人税を大きく抑えることも可能となります。最大で法人税率17%ですが、実効税率はさらに低く考えることが出来るということでしょう。

日本では損金算入されるものでシンガポールでは認められないものとしては自動車に関するお金が損金に含まれないという点です。事業のために自動車を使用する場合であっても損金に含めることはできないため注意しておきましょう。また、従業員に社宅を与える場合、その他の福利厚生を与える場合に消費したお金についても損金に含めることはできません。

日本においても税に関しては自社にて税理士を採用しているような法人を除いては顧問税理士に頼っているケースが大半だと思いますので、シンガポールでも同様に信頼の置ける税務のエキスパートに相談をしながら事業運営を行なうのが望ましいでしょう。

具体的なご質問をお持ちの場合については、下記より専門家にお問合せが可能です。

シンガポールの会計事務所一覧


弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ