シンガポール人とはどのような人達ですか? | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの進出ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

シンガポール人とはどのような人達ですか?

シンガポールは、中華系が76.7%、マレー系が14%、インド系が7.9%、その他が1.4%からなる複合民族国家で一般的にいう「公共メディア」や「文化」にはそれぞれ3系統が共生共存してい特殊な国です。そのため、言語や文化が複雑に混合され極めて特殊な国民性を有しています。

シンガポール人で特に若い世代はほとんどの人がバイリンガルやトリリンガルです。「公用語」として認識されるのは英語・マレー語・中国語・タミル語で、国としてもこれらの言語を全て平等に扱っているため学校の授業などでも各民族語が英語とともに必須科目となっています。

一方で、文化や言語の混合の中で生まれたのかどうかは定かではありませんが、シンガポール人が話す言葉は「イングリッシュ」ではなく「シングリッシュ」、「マンダリン」ではなく「シンダリン」などと呼ばれ、本来の発音ではなく独特な発音や単語、文法などを使う人も少なくなく、標準英語圏や中国語圏を経験している日本人の方だと多少の戸惑いを感じる可能性もあります。

宗教としては、中華系シンガポール人が仏教と道教(それぞれ32.5%と8%)、主にマレー系シンガポール人がイスラム教(14%)、インド系シンガポール人がヒンドゥー教(4%)、またキリスト教(15%)は特に民族的な特徴は見られず広く信仰されているようです。

一概に決めつける必要はありませんが、共働きをしていることが多いシンガポール人ですので自炊文化というよりも外食文化が進んでいる印象を受けますので、単一民族、無宗教、単一言語、自炊文化といった日本人とは大きく異なる国民性をもっているシンガポール人とのビジネスは非常に刺激的で学びの多いものになるのではないでしょうか。

その他、ご不明な点や不安な点などございましたら専門家へ直接お問い合わせいただくか、海外進出支援コンシェルジュまでお問い合わせください。

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ