シンガポールの人口構成はどのようなものになっていますか? | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの市場調査ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

シンガポールの人口構成はどのようなものになっていますか?

シンガポールの人口構成は2012年に人口動態的な転換期となったと言われており、今後2030年まで一気に高齢化シフトをしていく状況です。
日本的な呼び方としては、1947年〜1954年生を団塊世代前期、1955年〜1965年生を団塊世代後期と呼ばれていますが、2012年にこの団塊世代前期が65歳になっているため、団塊世代90万人前後の人口が今後長きに渡り高齢化のゾーンに突入していく計算になります。

シンガポールは過去30年以上、出生率の低さに悩んでおり若年層が減り続けている反面、世界でもトップクラスの長寿国になっています。
移民を除外した場合、シンガポール国民の生産年齢人口は2020年に、またシンガポール国民の総人口も2025年に減少に転じる計算となり、平均年齢も40歳〜45歳の間を増加していくことになりそうです。

実際は、シンガポール政府が推し進める人口政策により大量の移民の受け入れが行なわれているのですが、これはまた国内における政治の不安定化の要因にもなりうる争点でもあり、今後のシンガポール政府の舵取りには注視していく必要があります。

具体的な事案については、弊社までお気軽にご相談ください。
弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ