シンガポール進出する際の税務上のデメリットやリスクを教えてください(後半) | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの進出ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

シンガポール進出する際の税務上のデメリットやリスクを教えてください(後半)

シンガポール進出する際の税務上のデメリットやリスクを教えてください(前半)の続きです。

2点目に注意したいのはタックスヘイブン税制(以下、TH税制)です。

TH税制とは税率の低い国にある子会社で得た収入を日本の課税の対象に含める制度です。

日本の税制では本来、
海外子会社は日本親会社とは別の事業体とみなされ、課税の対象になりません。
(ちなみに海外支店は課税対象)

しかし、これを悪用し日本での事業収益を軽課税国に移転し、
トータルでの課税負担を軽くしようとする行為が考えられます。

その様な行為を抑止する意味で、TH税制が設けられています。

TH税制の対象は税率20%以下の国が対象ですので、
17%であるシンガポールは対象になります。

ただしシンガポールの会社でも全ての会社が対象になるのではなく、
以下の4つの条件を満たした会社は対象外となり、日本での課税がされません。

具体的には、以下の4つです。
1 / 事業基準
2 / 実態基準
3 / 管理支配基準
4-1 / 1所在地国基準 4-2 / 2非関連者基準の4つです。
※業種により4-1、または、4-2のいずれかを満たす必要がある。

これら4つを満たすには、基本的には、
シンガポールで事業実体があり、本社と独立した意思決定を行っていれば大丈夫です。

ただ、シンガポールでの事業内容次第で変わってくる部分もあるので、
一度専門家にご相談することをお勧めいたします。

以上となっております。

シンガポールの会社設立に関して具体的な質問をお持ちの方は、こちらから専門家へのお問合せが可能です。
シンガポールで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

【シンガポールの会計事務所】
シンガポールの会計税務・法律・M&A・会社設立に関する無料ご相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

RSM Chio Lim LLP 日本デスク 是松 洋平

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク