フィリピンの人件費について教えてください。 | フィリピンに関する Q&A / コラム | フィリピンの採用支援/人材紹介ならヤッパン号


flag_philippineフィリピンに関するQ&A

フィリピンの人件費について教えてください。

マニラとセブで若干の違いがありますが、ここではマニラの人件費について明記いたします。

製造業の場合、一般的な平均賃金(月額)は、一般工職で$325、中堅技術者で$403、課長クラスで$1,069と言われています。 非製造業の一般職は$455、課長クラスは$1,197、店舗スタッフ(アパレル&飲食)は$231が一般的なようです。

なお、マニラの法定最低賃金は月額$337と定められています。また、名目賃金上昇率は、2009年:0.0%、2010年:5.8%、2011年:5.5%となっております。

就労人口の多くを占める接客業やコールセンターを例にもう少し違った確度から人件費を見てみましょう。 

 最大:183,333ペソ
 平均:31,915ペソ 
 中央値:21,800ペソ 
 最低:9,500ペソ

このように同じような職種ににおいても最大値と最小値の乖離が大きいことがわかります。また下記に、職種毎の平均月給をまとめてみました。 

貿易関連:15,000ペソ 
ペット関連:18,000ペソ 
教育関連:18,250ペソ 
技術職:19,500ペソ 
秘書・受付・事務:21,542ペソ 
医療関連:23,700ペソ 
飲食・ケータリング:24,250ペソ 
電子取引:25,000ペソ 
メディア関連:25,000ペソ 
建築関連:28,044ペソ 
政府・防衛関連:30,953ペソ 
接客・コールセンター:31,915ペソ 
製造:33,731ペソ 
会計・財務関連:33,768ペソ

職業間によってもやはり乖離が大きく、単純に「平均だから」または「最低賃金だから」という理由だけで給与を決めてしまっては今後活発になるであろうスキルのある従業員の確保は難しくなってくる可能性は否定できません。

フィリピンの人材採用についての具体的な質問は下記のページより専門家へのお問合せが可能です。
→フィリピンの人材紹介会社まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。
ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_philippine フィリピン進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ