香港の法人税について教えてください。 | 香港に関する Q&A / コラム | 香港の進出ならヤッパン号


flag_hongkong香港に関するQ&A

香港の法人税について教えてください。

香港では、香港法人であってもその他の法人であっても、
以下の条件に当てはまると法人税(Profit Tax)が生じます。

1.香港で事業をおこなっている
2.その事業が香港での活動により所得が発生している
3.その所得の源泉が香港にある


逆に言えば、それにあてはまらない場合は、
香港において納税の義務がないことになります。

実際、そういった香港法人のためには
オフショア申請(OFFSHORE CLAIM)があり、納税が免除されます。

香港と中国とは、「香港と中国本土間の二重課税排除に関する協定」を締結しており、
香港居住会社が中国で事業を行っている場合に、香港居住会社に優遇措置を提供しています。

また、香港では個人に関してはキャピタル・ゲインは非課税ですが、
法人で短期の場合は、有価証券・不動産などのキャピタル・ゲインに対しては課税されます。
(※短期とそうでない境目は2~3年)

パートナーシップの利益は、配当されようがされまいが、
各パートナーの持ち分が各パートナーの他の事業所得と合算して課税されます。
パートナー配布の段階では納税の義務はありません。

なお、2012/13年度の法人税率は16.5%です。

香港の会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
香港で会社設立 (法人設立) する手順まとめ

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_hongkong 香港進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Managing Director 吉田秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク