ミャンマーで病気にかかってしまった場合、現地の病院を利用しても大丈夫でしょうか? | ミャンマーに関する Q&A / コラム | ミャンマーの労務管理/海外赴任対策ならヤッパン号


flag_myanmarミャンマーに関するQ&A

ミャンマーで病気にかかってしまった場合、現地の病院を利用しても大丈夫でしょうか?

ミャンマーの医療事情は決して良いものではございません。

日本の外務省の認識としては、ミャンマーの医療・病院設備は先進国と比較をすると30年以上遅れている印象がある、とのことです。
また衛生面においても、非常に衛生管理が行なわれていない状態の病院が大半となっているようです。
外資資本の病院もありそれらには先進国と同等の設備が整っているようですが、常任の医師は存在せず、数週間に1回ほど、オーストラリアやシンガポールから医師団が訪問をし、予約をした患者の治療を行なうシステムとなっています。

これらの状況から、日本人の多くは手術や集中治療が必要に病を患った際に、バンコクへの緊急搬送となるようです。
そのような事情からも、現地に長期滞在をするような場合には、搬送費用も含めた海外保険への加入が望ましいと言われています。

とにかく病気や事故等に気をつけて医療にかかるような事態にならない様に注意を払うこと、また万が一に備えて保険の完備や保険証・パスポート等の家族への共有など、備えあれば患なし、という状況を心がける必要があります。

現地の医療事情についての最新情報については、お気軽に当社にお問い合わせ下さい。

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_myanmar ミャンマー進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク