ミャンマーの在留許可について教えてください。 | ミャンマーに関する Q&A / コラム | ミャンマーの就労ビザならヤッパン号


flag_myanmarミャンマーに関するQ&A

ミャンマーの在留許可について教えてください。

ミャンマーの在留許可について、大枠での説明をしますと、70日間有効なビジネスビザを取得し、入国後に1年間有効な長期滞在ビザを取得する流れになります。3ヶ月以上滞在をする外国人は外国人登録が必要になります。

ミャンマー大使館からもらえるビジネスビザを取得し、ミャンマーに入国後手続を行なう必要があります。その後、長期滞在する場合は、一般に在留許可書が必要になります。

在留許可と数次ビザ取得申請には、下記の書類を準備。
 - 日本大使館の推薦状
 - 申請者の履歴書
 - パスポート
 - Form26
     -Form1

関係省庁に、在留許可書および数次ビザを申請するための推薦状発給依頼をします。また、3ヶ月以上滞在する外国人は、外国人登録を入国管理極で行い、外国人登録書を入手します。

推薦書発給の依頼ですが、今まではどこに省庁に依頼をするのか、どこの省庁から発給を受けるべきなのか、が不明確で非常に時間がかかっていたのが実情ですが、2013年10月からはDirectoreate of Investment and Company Administration(DICA)が管轄となることが方向性としては決まっているようです。

在留許可、ビザ関係の具体的なご質問に関しては、こちらから専門家へのお問合せが可能です。
→ミャンマーの就労ビザ申請について


なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_myanmar ミャンマー進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク