ミャンマーへの進出形態の種類にはどのようなものがありますか? | ミャンマーに関する Q&A / コラム | ミャンマーの会社設立ならヤッパン号


flag_myanmarミャンマーに関するQ&A

ミャンマーへの進出形態の種類にはどのようなものがありますか?

ミャンマーにてビジネスを行なう形という意味では下記の形態が一般的です。

1. 100%外資資本企業
2. 合弁企業
3. 支店・駐在員事務所
4. 現地企業との提携

それぞれもう少し詳しくご説明させて頂きます。

1. 100%外資資本企業
当サイトをご覧になられている方々であれば日本企業が全額を出資してミャッンマーに法人を設立している形となります。
MFIL(外国投資法)に基づく法人設立と、会社法に基づく法人設立の2つの種類が存在するが、特定業種の場合にはMFILに基づく設立しか出来ないケースもございます。反対に、少しややこしいかもしれませんが、MFILに基づく法人設立の場合で特定業種においてはミャンマー現地企業との合弁でなければならないとため、このケースの場合は100%外資資本企業では設立できないことになります。

2. 合弁企業
日本企業とミャンマー現地民間企業・現地国営企業との合弁会社がこの形です。出資比率については、特定の制限業種に当てはまる場合を除いては、自由に双方の合意の上で決めることが出来るようです。

3. 支店・駐在員事務所
法人格は親会社側が持つことになりますが、支店や駐在員事務所を設立する場合も、現地法人の設立と同じ様に会社法に基づいて申請手続きを行なう必要があります。ミャンマー会社法においてはBranch Office(支店)としてのみ定義されているため、仮に日本からの進出として駐在員事務所という認識であっても、登記上は「支店」とされることについては認識をしておく必要があります。

4. 現地企業との提携
現地企業に設備や機械などを販売、あるいは貸与を、原料を供給し、出来上がった商品を輸出する形が一般的なようです。

ミャンマー進出に関して具体的なご質問、ご興味ある方は、こちらから専門家へのお問合せが可能です。
→ミャンマーで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_myanmar ミャンマー進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク