マレーシアに法人を設立する場合の資本金に関する制限はありますか? | マレーシアに関する Q&A / コラム | マレーシアの会社設立ならヤッパン号


flag_malaysiaマレーシアに関するQ&A

マレーシアに法人を設立する場合の資本金に関する制限はありますか?

全ての業界において資本金の制限があるわけではなく、特定の事業内容や許認可によって最低払込資本金の額が決まっているようです。
全体的にみると設立のための最低資本金というよりは、許認可取得のための最低資本金という意味合いが濃いと聞いています。

1. 製造ライセンス取得会社:250万リンギット以上

基本的に、250万リンギット以上の株主資本、または75名以上の社員を雇用している製造行には製造ライセンスの取得が義務づけられているため、製造ライセンス取得会社は、結果的には最低払込資本金250万リンギット以上が必要になるようです。資本金の話ではありませんが、株主資本が250万リンギット未満、または社員が75名未満の製造業の場合には製造ライセンスが不要になるため、最低払込資本金の額についても制限が解除されることになりますが、一方で製造ライセンス免除の確認書を取得する必要が発生するので注意が必要です。

2. 非製造業:100万リンギット以上

3. 優遇措置の対象となっているステータス取得会社:50万リンギット
具体的には、International Procurement Center(IPC)、Regional Distribution Centre(RDC)、Operational Headquarter(OHQ)などのステータスを獲得している法人が対象となっているようです。

4.Employment Passを発行するために必要となる資本金
・マレーシア100%資本の会社:25万リンギット
・合弁会社:35万リンギット
・外国100%資本の会社:50万リンギット
・外資資本の流通・サービス業・飲食業の会社:100万リンギット

許認可申請も含めた各種申請先が事業内容や進出形態によって異なるため、検討されている進出が計画通りに進めていけるように諸条件についてはしっかりと把握して頂く必要がある点をご留意頂き、個別各論についてお気軽にお問い合わせ頂きたく存じます。

会社設立に関する具体的なご質問ございましたら、こちらから専門家へのお問合せが可能です。
→マレーシアで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_malaysia マレーシア進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ