マレーシア法人設立の形態について教えてください。 | マレーシアに関する Q&A / コラム | マレーシアの会社設立ならヤッパン号


flag_malaysiaマレーシアに関するQ&A

マレーシア法人設立の形態について教えてください。

外国企業がマレーシアに進出をする際の現地法人の種類は主に3種類となり、これについてはマレーシア特別な物ではなく非常に多くの進出形態はこの3タイプに集約される形が一般的です。

1. 現地法人
マレーシア現地法人は[Company Limited by Shares],[Company Limited by Gurantee],[Unlimited Company]の3つが存在しています。日系企業が現地法人でのマレーシア進出を検討する場合は、大半のケースは[Company Limited by Shares]を選んでいるようです。この種の法人は、基本定款で出資者の責任を所有株式の金額を上限としている会社となっていて、複数ある進出形態の中で最も自由に経済活動を行なうことができ、また最も税務的なメリットを受けることが出来るものがこの形になるようです。

2. 支店
政府または政府関係機関との合同プロジェクトに参加する場合は、支店の設立が認められる可能性が高いと言われていますが、実際問題として申請数はとても少ないと聞いています。「撤退のしやすさ」「維持費用」「事業可能範囲」など、概ね現地法人と駐在員事務所の中間に位置していると言われています。

3. 駐在員事務所・地域統括事務所

営業または事業活動が禁止されており、マレーシア政府も政府として推奨している事業以外の法人へは駐在員事務所の設置は推奨していないと言われているようです。何よりも営業活動が出来ない問題点は抱えていますが、撤退をする場合もスムーズに行なうことが出来、外国人の雇用も比較的容易で維持管理コストも最も低いようです。

以上がマレーシア法人設立の形態の概要となり、設立手順や必要要件はそれぞれ異なります。また、メリット・デメリットを比較して選ぶものではなく貴社の事業計画に最も適した形態を選ぶという点が重要になるかと存じます。

個別に具体的なご質問ございましたら、こちらから専門家へのお問合せが可能です。
→マレーシアで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_malaysia マレーシア進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク