マレーシアの法人税は何%? | マレーシアに関する Q&A / コラム | マレーシアの会社設立ならヤッパン号


flag_malaysiaマレーシアに関するQ&A

マレーシアの法人税は何%?

マレーシアの法人税は原則25%となっており、税制は下記のような特徴があると聞いています。

・国税のみが存在している
例えば日本であれば地方税などがありますが、マレーシアの場合は全てが国税です。

・マレーシア国内で発生した所得に対してのみ課税をされる
例えば日本の内国法人は全世界所得に対して納税義務を負うことになりますが、マレーシアの内国法人は国内源泉所得のみが課税対象となるようです。

・事業収益からコストを控除して課税所得を計算
マレーシアは税務上、「収益を生み出す源泉獲得活動」と「収益を生み出すための事業活動」に分けるそうです。

収益を生み出す源泉獲得活動とは、設備投資や資金調達、増減資や配当分配、資産売却による利益や損失などを意味し、通常の事業活動とは区別されているということになります。そのため課税所得は、この事業活動を通して得た収益から、収益を生み出すために発生した費用を控除して算出することになります。

【各税率】
—————
・Income Tax【所得税】
  法人:原則25%
  個人:累進課税で最大で26%
・Real Property Gains Tax【不動産譲渡益税】
  保有期間によって税率が変動。
  2年以内に売却:15%
  2年超5年以内の売却:10%
    5年以上:0%
・Import / Export Duties【関税】
  0%〜30%の間で品物による
・Excise Duties【物品税】
  対象品による(酒類・たばこ・自動車など)
・Sales Tax【売上税】
  5%または10%
・Service Tax【サービス税】
  6%
・Stamp Duty【印紙税】
  特定文章により異なる
—————

【分割納税】
マレーシア法人は、法人税の見積を提出する義務があります。法人税の見積り額を12で割り、会計年度の2ヶ月目から毎月10日までに納付をすることが義務づけられており、6ヶ月目と9ヶ月目に見積額の修正をすることが認められているそうです。

この見積額の修正ですが、最終的に納めた税額が見積法人税額を上回り、かつ差額が納めた税額の30%を超過する場合には、超過分に対して10%のペナルティーが発生しますので慎重に計算をしておく必要がありそうです。

税務等に関しては常に最新情報を集めることをお勧めします。具体的な事案や現地の関連情報・最新情報については、下記より専門家へのお問合せが可能です。
→マレーシアの会計事務所一覧


なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_malaysia マレーシア進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク