ベトナムでのオフショア開発は他のオフショア先と、どういった違いがありますか? | ベトナムに関する Q&A / コラム | ベトナムの進出ならヤッパン号


flag_vietnamベトナムに関するQ&A

ベトナムでのオフショア開発は他のオフショア先と、どういった違いがありますか?

ベトナムは近年インドを越えて、日本にとって第2位のオフショア開発国になっています。
そこにはベトナムの魅力があり、下記の4点が上げられます。

まず1つ目はコストメリットです。

中国の人件費が上昇する中で、ベトナムの安い人件費は日本企業にとって大きな魅力です。
例えば、日本国内の開発者の1人月費用は例えば60万とすると、中国の場合は30万、ベトナムの場合は25万と大幅に安くなります。ケースバイケースですが、平均的に50%以上コストを削減することができます。

2つ目はベトナムの若い人口構成です。

人口が9千万人と日本同様の規模ですが、なんと30歳以下の人口は全体の50%以上も占めています。さらにベトナムの若者は、真面目で向上心があるので優秀な人がたくさんいます。
高齢化の日本にとって、ベトナムは有望な人材確保パートナーになっています。

3つ目は高い社会安定です。

ベトナムはまだ共産党による一党独裁制度ですが、社会の治安がとても高いです。

4つ目は日本の文化の類似性です。

歴史的に中国の影響を受けてきたいことから、日本とベトナムの文化類似点が非常に多いです。独立行政法人情報処理推進機構の調査によると、異文化による課題発生数を
国別で見た場合ベトナムはもっとも少ない国だというデータもあります。

一つ一つのポイントだけをピックアップすると特に特徴のある利点には感じられないかもしれませんが、これら複数の利点が重なり合っている国は実は非常に少ないのが現状です。また、何よりも国民性に類似点が多いという点などは世界的に見ても希有と言えるのかもしれません。

オフショアについてご興味のある方は、こちらをご覧ください。具体的なご質問がございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
海外オフショア開発特集

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_vietnam ベトナム進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ