ベトナムのオフショア開発のメリットとデメリット(リスク)は何がありますか? | ベトナムに関する Q&A / コラム | ベトナムの進出ならヤッパン号


flag_vietnamベトナムに関するQ&A

ベトナムのオフショア開発のメリットとデメリット(リスク)は何がありますか?

ベトナム限定というよりも、オフショア開発を行う事に対するメリットとデメリット(リスク)は常に共存することになります。

【メリット】
■国内開発に比べて、大幅なコスト削減
■海外の優秀なエンジニアの確保
■海外市場を視野に入れた開発の実現・開発スキームの確立

【デメリット(リスク)】
■地理的な距離に加え、言語の壁により、コミュニケーションが困難
■文化の違い、能力不足、意識不足によって、納期や品質の管理が難しくなる
■単発で小さな案件の場合、コストメリットが出ない場合がある

デメリット(リスク)を理解し、それらに対して十分な対応をしなければメリットを十分に活用することができなくなります。

これらのリスクを軽減するには取れる対策を弊社の例を挙げて下記に記載します。

1. ブリッジSE体制をしっかり構築する
ブリッジSEというのは日本に生活した経験があり、日本の文化を理解し、日本語も技術も理解している外国人エンジニアのことを指しています。
このブリッジSEをクライアントと現地開発者の間を立て、架け橋になることで、オフショア開発案件をスムーズに進めることができます。

弊社はこのブリッジSEをベトナム現地に置くだけではなく、日本側のグループ会社にて複数名採用しています。この体制によってスピーディにそして密にお客様とコミュニケーションを取ることで、お客様のご要望をしっかり対応しています。

2. 開発者に日本語の教育を行う
ブリッジSEばかりに依存してしまうと、日本側と現地側で効率が悪くなってしまいます。定期的に開発者に日本語教育を行うことで、開発者がプロジェクトの理解を深めるだけでなく、自ら発言したり、提案したりすることでプロジェクトのために貢献することもできます。

またある程度日本語ができる開発者を日本側のグループ会社に派遣して、日本語のビジネス環境において様々なことを学ばせています。

3. 日本国内での開発・オフショア開発を柔軟に使う
案件の規模やお客様のご希望に合わせて、日本国内での開発・オフショア開発を柔軟に組み合わせています。
単発でスピード優先な案件は日本側のグループ会社で対応し、長期でコスト優先な案件はラボ契約で開発を行うこともできます。
ラボ契約ではお客様から一定の期間において最低限の仕事量をお約束いただき、弊社では低コストで専用の優秀なエンジニアをアサインさせて頂きます。

オフショアについてご興味のある方は、こちらをご覧ください。具体的なご質問がございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
海外オフショア開発特集

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_vietnam ベトナム進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Pte.Ltd. ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク