韓国で現地視察をする際に、必ず押さえておくべきポイントを教えてください。 | 韓国に関する Q&A / コラム | 韓国の市場調査ならヤッパン号


flag_korea韓国に関するQ&A

韓国で現地視察をする際に、必ず押さえておくべきポイントを教えてください。

韓国は人口が約5000万人おりますが、そのうち約1000万人が首都であるソウル市に居住しており、ソウル市周辺の京畿道(キョンギド)まで含めると、2000万人超、人口比で見ると実に40%以上が首都圏に集中しています。

そのため、現地視察などを行う際には、首都のソウル市内を見ておく必要はありますが、ソウル市内も25の区があり、エリアごとにそれぞれの特徴もありますため、現地視察の際は一部のみを見て韓国すべてを判断するのではなく、できるだけいろんな地域や企業をご覧になることをお奨めします。

韓国企業といえば、サムスンやLG、現代、ロッテなどが代表的ですが、韓国にも300万社もの企業があり、そのほとんどが中小企業です。また製造業の場合などは日本同様、賃料の安い地方都市や工業団地などに工場を構え操業することが多いため、現地視察の際には、どういった業種の企業や工場を視察したいかに合わせて、対象エリアを選定することが望ましいと思われます。

参考までに、韓国の都市を人口別に見ると、上位都市は以下のとおりとなります。
1位 ソウル市(1031万人)
2位 釜山(プサン)市(357万人)
3位 仁川(インチョン)市(276万人)
4位 大邱(テグ)市(251万人)
5位 大田(テジョン)市(150万人)
(2010年末基準、6位以下は省略)

韓国のビジネス事情などを把握する際には、時間が許す限り、ソウルのみならず、その近郊の工業団地をあわせて見たり、福岡に近い場所に位置する釜山(プサン)や大邱(テグ)、もしくはソウルから1時間ほど南下した位置にある大田(テジョン)など、複数エリアを訪問するなど、複数の都市をご覧になることをお奨めします。
東西に長く伸びた日本列島と異なり、韓国は国土も日本より小さく、KTXという高速鉄道(日本でいう新幹線)に乗れば、ソウルから釜山(プサン)まで3時間弱で行くことができます。

日本からは飛行機で約2時間、国内移動もほとんどが3時間以内というアクセスの良さも韓国進出の魅力の一つです。

日本企業が韓国で単独で100%投資することは可能でしょうか?も是非ご覧ください。

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

【韓国のコンサルタントに聞く】 
韓国の進出支援・販路開拓に関する無料ご相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_korea 韓国進出支援のプロフェッショナル

コリアマーケティング株式会社 金 世永

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク