中国に日本酒を輸出したいのですが、実際の市場の動向はどうなっていますか。 | 中国に関する Q&A / コラム | 中国の貿易/物流サポートならヤッパン号


flag_china中国に関するQ&A

中国に日本酒を輸出したいのですが、実際の市場の動向はどうなっていますか。

中国の日本酒の市場動向は以下のようになっております。

・市場の規模と成長性
中国では日本食レストランの店舗数の増加にあわせて、日本酒の消費も増えています。2012年の日本からの中国向け清酒(日本酒)輸出量は666kℓ、輸出額は4億1,200万円で、10年前の2002年と比べると、数量では2.8倍、金額では5.0倍となっています。1ℓ当たりの輸出単価は、過去10年間で340円から620円と1.8倍に増加しており、高級酒の輸出が増えたためと考えられます。

また「和食」は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、これまで以上に世界的な注目も高まっていき、今後も日本食レストランの店舗数も増えていき、それに伴い日本酒の消費も増えていくことが予想されます。


・特徴
日本酒の主な販路は日本料理店です。近年、中国では日本料理店が増加傾向にあり、上海では約900店舗、日本料理店があるといわれています(正確な統計数字はありません)なかでも食べ放題・飲み放題の日本食レストランは、最大の日本酒消費場所になっています。

消費者のほとんどが中国人で、取り扱っている日本酒は、日本の大手メーカーによる中国産です。日本産日本酒は、贈答用として百貨店などで販売されています。そのため化粧品箱やラベルは高級感があるようなデザインになっています。


まとめ
日本酒の市場は今後も成長していくと予想されますが、どのようなシーンで消費されるかにより戦略を考える必要があります。輸出を検討する際には、自社製品がどのようなシーンで消費されるのか、または消費させたいのかを含まれ、検討することをオススメします。


なお、当社では、海外進出を本気で検討されている企業様に対して、無料相談会も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

【中国・香港の販路開拓・営業支援プロに聞く】中国や香港での市場調査・販路開拓・テスト販売に関する無料ご相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_china 中国進出支援のプロフェッショナル

INTLOOP株式会社 (中国・香港)

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ