国内取引と比較して、国際貿易取引で気を付けないといけないことはありますか。 | アジア全域に関する Q&A / コラム | アジア全域の貿易/物流サポートならヤッパン号


アジア全域アジア全域に関するQ&A

国内取引と比較して、国際貿易取引で気を付けないといけないことはありますか。

国内取引と貿易取引の大きな違いの一つは、「商品受取と代金支払いに時間差がある」ということです。

国内取引と違って、商品の授受と代金の支払いを同時に行うことは困難であり、時間差が生じてしまいます。後払いの場合は、輸出者が代金回収前に商品を出荷することになるため、代金を回収できないリスクを負うことになります。前払いの場合は、輸入者が商品入手前に代金を支払うため、商品を入手できないリスクを負うことになります。このような双方のリスクは、信用状を利用して銀行が代金の支払いを保証することで回避することが可能となります。

信用状とは、銀行が輸入者の代わりに商品代金の支払いを保証することで、輸入者の取引銀行が、輸出者に対して、輸出者が信用状条件通りの書類を提示することを条件に、輸入者に代わり、代金の支払いを確約する制度のことです。信用状の作成は非常に複雑で自社だけで用意するのは難しいと思われます。取引のある金融機関やコンサル会社などの専門家の意見を聞きながら、進めることをオススメします。

なお、当社では、海外での取引を検討されている企業様に対して、無料相談会も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

▼東南アジア
【東南アジアの販路開拓・営業支援プロに聞く】ベトナムや東南アジアでの市場調査・販路開拓・テスト販売に関する無料ご相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

アジア全域 アジア全域進出支援のプロフェッショナル

INTLOOP株式会社

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク