インドネシアの外国人就業規制について概要を教えてください。 | インドネシアに関する Q&A / コラム | インドネシアの就労ビザならヤッパン号


flag_indonesiaインドネシアに関するQ&A

インドネシアの外国人就業規制について概要を教えてください。

外国人の就業規則として抑えなければいけないポイントはいくつかあるようです。

1. 外国人の労働について 
 a. 外国人のインドネシア国内の労働については労働移住大臣の許可が必要  
 b. 外国人の労働は特定職務と特定期間に限られる。また、役職規定や能力基準を遵守する。  
 c. その他の明文化されていないルールがあるため要注意。 
 (1年以上の労働許可は大卒以上/60歳以上の労働許可は不可等)

2. RPTKAの承認取得
RPTKAとは、日本語で言えば外国人雇用計画書で、インドネシアで事業を行う場合はこのRPTKAの承認を取得する必要があります。

3.  DPKKの支払義務
DPKKとは、技術能力開発基金で外国人を雇用する場合に雇用主が支払を義務づけられるもので、外国人一人につき毎月US$100を政府に支払う。

4. JAMSOSTEKの加入義務
JAMSOSTEKとは国営社会保険で、「ジャムソステック」と読みます。外国人は本国においてジャムソステックと同様の社会保障に加入している場合、ジャムソステックへの加入が免除されるそうですが、その場合には本国で社会保障に加入していることを原本で証明することが求められるそうです。

以上が外国人の就業規則として抑えておかなければならない大枠となりますが、常に流動的であり現地の状況については常に情報収集をする必要があるかと思います。最新情報などについてはお気軽にお問い合わせ下さい。

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_indonesia インドネシア進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク