【中国労務管理シリーズ】妊婦の労務管理について教えてください | 中国に関する Q&A / コラム | 中国の労務管理/海外赴任対策ならヤッパン号


flag_china中国に関するQ&A

【中国労務管理シリーズ】妊婦の労務管理について教えてください

中国に出向されている日本人管理者の方々で、日本の職場において、妊婦の労務管理経験を持つ方は少ないようにお見受けします。しかし中国、特に上海のオフィス系の企業では、女性社員の人数が圧倒的に多い為、職場における妊婦の労務管理問題は避けられません。中国では法律では妊婦及び産婦を保護するため、出産休暇、定期健診の勤務時間利用、勤務時間中の休憩時間の増加などいろいろ定められています。労働契約に関しては、労働契約法第四十二条において「女性従業員の妊娠期間、出産期間又は授乳期間においては第四十条(契約解除の項)、第四十一条(リストラの項)の適用外とし、これに基づく解約を不可とする」との規定があります。また、第四十五条では、「労働契約の期間満了時に女性従業員の妊娠期間、出産期間又は授乳期間の場合、労働契約は継続し相応する事由の消失時に終止する」とあります。

ここで多々問題となっているのは、「妊娠さえしていれば無条件に法律に保護されている」と上記二項目の法律解釈を誤る妊婦がいるという事です。会社の就業規則に違反する事を正当化し、日本人管理者がこれに振り回されるという事が散見されています。例えば、パソコンや携帯は妊婦に悪い影響があるとの理由で仕事を拒否する事など、実例として良く見られるケースです。法律から言えば、妊婦であっても就業規則に違反した場合には、処罰を課す事ができ、大きくに就業規則に違反した場合には、合法的に解雇対策を取ることができます。しかし、中国の実務では労働仲裁においても、裁判においても、妊婦というだけで無条件に支持される傾向にあります。

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

【中国の労務管理について聞く】
中国の労務管理に関する無料ご相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_china 中国進出支援のプロフェッショナル

上海英佩克企業管理諮詢有限公司(IMPAC) 趙 峰

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク