ドイツの児童手当について教えてください。 | ドイツに関する Q&A / コラム | ドイツの弁護士/法律事務所ならヤッパン号


flag_germanyドイツに関するQ&A

ドイツの児童手当について教えてください。

ドイツでは児童手当があり、日本人駐在員としてドイツに住所を有し、お子様も帯同している場合、基本的には児童手当の支給を受けることができます。

日本の児童手当は、中学卒業(15歳)までですが、ドイツの児童手当は、満18歳になるまで支給されます。それ以降になると、本人が高等教育もしくは、職業訓練を受ける場合は、満25歳まで支給期間が延長されます。

この児童手当は、非課税で支給され、毎年、支給額が増える傾向にあり、ドイツ滞在ビザ取得の月から受給資格があるため、遡及的に支払われます。従来は、4年間も遡って支給されました。しかし、2018年1月1日より、遡及期間が6ヶ月間と改定されましたのでご注意ください。

◆支給額

2016 2017 2018
1~2人目  190  192  194
3人目  196  198  200
4人目移行  221  223  225

 

◆申請時の必要書類
担当部署は、労働局の家族公庫(Familienkasse)となります。
申請の際は、下記書類・情報が必要になります。

<父母・児童本人分>
- パスポートのコピー
- プラスチックのカードの滞在許可証の両面コピー (Aufenthaltstitel)
- 住民登録証明書のコピー (Anmeldebestätigung des Einwohnermeldeamtes)
- タックスIDナンバー(Steueridentifikationsnummer)

<駐在員分>
- 滞在許可証の追加書類 (Zusatzblatt)

現在、デュッセルドルフの家族公庫では、ドイツ児童手当の審査が厳しくなっています。特に、滞在許可証の両面コピーで、記載事項が読取りにくいものは、再提出を求められます。良質のコピーをご準備いただくことをお勧めします。弊社にて、ドイツ児童手当の申請代行も承っていますので、ご不明な点やご質問などございましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_germany ドイツ進出支援のプロフェッショナル

フランカス 公認会計士・税理士・弁護士事務所

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク