香港では企業は何年間、会計記録を保管する必要がありますか? | 香港に関する Q&A / コラム | 香港の会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag_hongkong香港に関するQ&A

香港では企業は何年間、会計記録を保管する必要がありますか?

香港税務条例の第 51c章 は、香港で取引、専門的職業または事業に従事するすべての人は、その課税利益が容易に確認できるよう、英語または中国語で記載された収入と支出の十分な記録を保持する必要があると定めています。そのような記録は、少なくとも7年間保持するものとされています。

税務条例に定められた「記録」には以下のものを含みます。

 

a) 収入と支払い、または所得・経費を記録した帳簿。

b) 伝票、銀行明細書、インボイス、領収書。

c) 取引、専門的職業または事業における資産と負債の記録。

d) 取引、専門的職業または事業において日常的に受領し、支払ったすべての総額の記録。

e) 取引、専門的職業または事業が商品の販売を含む場合。

1) 取引、専門的職業または事業において、購入し販売されたすべての商品の販売記録。その記録は、事務官が商品の数量と価値と仕入先と販売先の身元を容易に検証できるよう、商品、仕入先、販売先の詳細で十分な情報を示しているものとする。また、前述した事項に関連するすべてのインボイスも必要となります。

2) 年度末の日付で保有されている事業の棚卸資産の明細書と実地棚卸に関するすべての記録。事業の棚卸資産の明細書はその記録に基づいて作成されたものとします。

f) サービスが提供される取引、専門的職業または事業において、事務官が各記載事項の記録を容易に検証できるよう、そのサービスの十分な詳細が示される必要があります。

 

合理的な理由なく税務条例の要件を遵守しない場合は、最大100,000香港ドルの罰金が課されます。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_hongkong 香港進出支援のプロフェッショナル

CWCC 加藤かおり

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク