【香港の会計税務について知る】
香港での個人の納税手続きについて教えてください。 | 香港に関する Q&A / コラム | 香港の税理士/税理士法人ならヤッパン号


flag_hongkong香港に関するQ&A

【香港の会計税務について知る】
香港での個人の納税手続きについて教えてください。

香港の課税年度は4月1日から翌年度の3月31日までの期間を指し、この期間に所得した収入が申告対象となります。

香港では、日本の申告納税方式と違って、納税者が申告を行った後に、税務局から「賦課決定通知書」を受け取り、その年の税務措置及び適用税率により決定した税額を納付するというシステムが採用されています。

個人の場合は、まず雇用者側(会社側)が被雇用者の給与資料を「雇用者申告書」にて当局に提出します。雇用者申告書は通常4月1日に当局から発行されます。当書類の提出は発行日から1ヶ月以内となりますので、提出期限に注意が必要です。

そして、当局が雇用者申告書を受領後、今度は納税者(被雇用者)に対して、「個人所得税申告書」が発行されます。こちらは通常5月1日付けで発行されますので、納税者は雇用者が提出した雇用者申告書をもとに、個人所得税申告書に記入して、税務局に申告を行います。提出後約半年以内に当局から納税通知書が発行され、期限までに納税を行う流れとなります。

個人の所得税申告のサポートも数多くの経験がございますので、お気軽にご相談ください。
【香港・中国の現地会計事務所に聞く】 香港・中国の会計税務・会社設立・監査・撤退に関する無料オンライン相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_hongkong 香港進出支援のプロフェッショナル

CWCC 加藤かおり

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク