中国に外資独資で会社を設立するための条件はどのようなものになりますか? | 中国に関する Q&A / コラム | 中国の会社設立ならヤッパン号


flag_china中国に関するQ&A

中国に外資独資で会社を設立するための条件はどのようなものになりますか?

中国は2001年のWTO加盟をきっかけにして外資に対する規制を年々解除してきた経緯があります。そのため中国では、外資独資での会社設立に関する制限はそこまで厳しいものとは言えないレベルまで進んでいます。

独資が認められない産業は、もちろん中国が国として保護をしようと考えている産業になります。例えば、自動車メーカーや自動二輪メーカー、証券界社や生命保険会社、社会インフラ関連企業などは外資独資が認められなかったり、外資比率の上限設定、あるいは合弁企業そのものも認められない産業などもあります。このように特定の業種では外資制限を受ける場合もありますが、多くの業種では制限がかかることはなく、他の国に比較すると外資独資の企業が多いといった特徴を持っています。

今後も外資企業に対してより門を開いていくのか、あるいは国内産業保護へ舵を切って行くのか、国としての方向性はまだ明確には見えてきておりませんが、進出の際には都度、外資独資の設立条件などについて、十二分な確認をするのが良いでしょう。

外資独資の場合は設立のための手続きが一般の現地法人設立とは異なります。具体的な外資独資での中国法人設立をお考えの場合には、是非当社にご相談ください。

中国の会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
→中国で会社設立 (法人設立) する手順まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_china 中国進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク