カンボジアへの主な日系企業の進出状況を教えてください。 | カンボジアに関する Q&A / コラム | カンボジアの市場調査ならヤッパン号


flag_cambodiaカンボジアに関するQ&A

カンボジアへの主な日系企業の進出状況を教えてください。

カンボジア商業省に新規に登録された日系企業(駐在員事務所、支店含む)は、2011年は86社でしたが、2012年は101社、2013年はさらにその数を伸ばしているようです。また、日系企業によるカンボジアへの投資認可額は毎年の増加傾向にあり、2010年=約3,500万米ドル、2011年=約7,500万米ドル、2012年既に4億米ドル超とその規模を着実に増やしているのが現状で、この傾向は今後も続くと予測されています。

中国投資のリスク回避を目的とした「チャイナ・プラス1」の進出先として2010年頃から注目を浴びていましたが、昨今の中国における対日感情の悪化がその動きに拍車をかけると予想されています。加えて、労賃が上がったベトナム、洪水被害に遭ったタイなどのバックアップのための生産拠点とすべく、より強靭なサプライチェーン構築の一端としての進出が見られるようになりました。また、輸出加工型だけではなく、成長著しいカンボジアの国内市場をターゲットとした製造業や、金融・小売などサービス産業の進出も目立っており、カンボジアへの投資は多様化し始めていると言われています。

投資優遇制度の内容を見てみると、カンボジアとしては、大規模な雇用を生む製造業への優遇が依然として強いですが、今後は段階的にサービス業への投資優遇措置が期待されているところであり、その他の東南アジア諸国と比較しても外資規制の少ないカンボジアは、日系企業以外の諸外国にも魅力的な投資国となっているようです。

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_cambodia カンボジア進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク