【アジアの販路開拓・営業支援プロが贈るコラム】日本企業が海外進出を諦める・撤退する一番大きな原因は? | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


アジア全域アジア全域に関するコラム

【アジアの販路開拓・営業支援プロが贈るコラム】
日本企業が海外進出を諦める・撤退する一番大きな原因は?

日本企業が海外進出を諦める・撤退する一番大きな原因は?

今回は「日本企業が海外進出で成功するために必要なこと」ではなく、「過去に進出した日本企業は、何が原因で海外進出を諦めた・撤退したのか」を紹介したいと思います。

ビジネスの環境・習慣が異なる国への進出には多くのリスクが存在します。しかし、過去のデータから失敗するポイントを理解し、「同じ轍を踏まないこと」が非常に大切です。

それでは早速、(独)中小企業基盤整備機構「平成20年度中小企業海外事業活動実態調査」から中小企業庁が作成した以下のデータをご覧ください。

「受注先、販売先の開拓・確保の困難性」が、最も大きな撤退理由

ご覧いただいたように、日本企業が海外から撤退する一番の原因は、「受注先・販売先が確保できないこと」になります。

2位以下「生産・品質管理の困難性」「日本本社の事業戦略変更」などを大きく引き離し、圧倒的な得票率で1位となっていますね。言い換えれば、「受注先や販売先を確保すること」が海事事業を成功に導く鍵になります。 

それでは次に、「なぜ受注先・販売先が確保できないのか」を考えたいと思います。

よくある失敗の原因と対応策

これは、企業や業界特有の理由が多々あると思いますが、共通して言えるのは「人員・リソースが不足している」「市場調査せずに思いつきで海外進出を始めてしまった」「日本での常識が通じず、現地ニーズとマッチしない」「自社社員だけでは販売先が見つからない」などが挙げられます。

ポイントはしっかりと現地でのニーズを見極めてから進出されることかと思います。そのニーズを見極めるために、もし社内に十分なリソースや現地ノウハウがなければ、信頼できる外部アドバイザーを活用して実施されることをお勧めします。

なお、当社では、海外進出を本気で検討されている企業様に対して、無料相談会も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

▼東南アジア
【東南アジアの販路開拓・営業支援プロに聞く】ベトナムや東南アジアでの市場調査・販路開拓・テスト販売に関する無料ご相談会

▼東アジア(中国・香港)
【中国・香港の販路開拓・営業支援プロに聞く】中国や香港での市場調査・販路開拓・テスト販売に関する無料ご相談会

上記コラムを寄稿した専門家に直接相談

アジア全域 アジア全域進出支援のプロフェッショナル

INTLOOP株式会社

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク